彼氏をベッドに誘いたい!上手なセックスの誘い方を教えちゃいます!

  • 誘うのが恥ずかしい!さりげなく誘うには?

    女性の中には、大胆に彼氏をセックスに誘うことが出来ない人もいるでしょう。

    そんな人のために、さりげなく彼氏をセックスに誘う方法を紹介します。次のような方法でそれとなく彼氏に伝えることができるので、できることから始めてみましょう!

    セクシーな下着をつける


    彼氏をさりげなく誘うなら、セクシーな下着をつけてみましょう。例えば普段から可愛い下着をつけている人ほど、セクシーな下着に切り替えることで「セックスしたい」と気づかせることができますよ。

    例えばTバックなど、露出度の高い下着を身につけてみましょう。また彼氏を誘惑するようなランジェリーを身につけるのもおすすめです。

    こうした下着で誘惑されれば、男性だってその気になります。いつも以上に彼氏が大胆に手を出してくることも考えられるので、恥ずかしがらずに身につけてみましょう!

    部屋の照明を薄暗くして彼氏を誘う


    雰囲気からセックスしたいと伝えるなら、部屋の照明を薄暗くしてみましょう。例えばラブホのような照明を心掛けると、男性にそれとなく伝えることができますよ。また照明の色を紫や赤など、性欲を刺激するような色に切り替えることもおすすめです。

    エッチなムード溢れる雰囲気さえ作れれば、彼もいつもと違うことを察するでしょう。そして彼女からさりげなく寄り添われれば、何をしてほしいのか気づくはずです。

    しかし中には部屋の照明が変わっただけ、衣替えしただけと勘違いする男性もいます。もし彼氏がこうしたタイプなら、大胆なアピールを織り交ぜることも必要となるでしょう。

    足や指を絡ませて甘える


    なかなか彼氏を誘っていることに気が付いてくれないなら、脚や指を絡ませて甘えてみましょう。こうした仕草は甘える行為として有名なので、甘えられていると自覚するはずです。

    また体を絡ませるなら、甘えたような表情も忘れてはいけません。何かをねだるような視線も合わせて行えば、鈍感な彼氏だって気づいてくれるでしょう。こうした仕草をする時は、あえて何も言わない方が誘惑感が出ますよ。

    こうした仕草は彼に気づいて欲しい女性ほどおすすめです。言葉がなくても伝えたい時に活用してみましょう。

    キスを強請る


    体を密着させたり絡ませてもなかなか気づかないのであれば、キスを強請ってみましょう。自ら積極的にキスを強請ることで、何かが違うと伝えることができます。

    またキスを強請る時は、1回で満足しないことも大切です。何度も強請るからこそ甘えていると自覚させることができますし、更なる欲求を抱えていることが伝えられます。逆に1回で満足してしまうと、キスをしたいだけと勘違いされるでしょう。

    あなたが本当にセックスがしたいなら、キス以上を求めていると唇で伝えることです。言葉にしなくても、キスから欲望を伝えることで彼氏をセックスへと導けますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)