猫なで声を出す女性心理&男女の本音を調査!男にモテる?モテない?

女性が媚びを売る時、しばしば使う声とされるのが猫なで声。猫なで声を出す女性の心理には、何が隠れているのでしょうか。今回は、猫なで声の女性は男にモテる?モテない?をテーマに猫なで声を徹底解剖。女性の心理と男女の本音も調査しつつ、猫なで声の秘密に迫ります。

  • 女性は気になる!猫なで声ってかわいいの?

    男性に対して媚びるような声で話している女性を見て、「猫なで声なんか出しちゃって」と感じた女性は多いことでしょう。しかし、そもそも女性の出す猫なで声は、男性にとってかわいいと感じる声なのでしょうか。

    今回は、そんな猫なで声について、さまざまな角度から紐解いていきます。

    「猫なで声」の意味について


    猫なで声は、優しさの中に媚びを含んだ声の様子という意味です。猫なで声のもとはというと、猫が気持ちよいと感じた時に出す声音のこと。ただ、猫を撫でる時に人は無意識に高い声を出し、優しく話しかけるため、この声を指して猫なで声と言うという説もあります。

    猫なで声が猫の鳴き声をなぞらえたものなのかか、あるいは猫を撫でる時に人の声が変化するからか、どちらが正しい意味なのかを特定するのは難しいと言えるでしょう。

    とはいえ、女性が男性に対して使う場合に特定するならば、媚を含んだ声を意味しているのは明らかですね。

    そもそも「猫なで声」ってどんな声?


    猫と暮らしている人なら、猫が気持ちいいと感じているときや甘えているときに、どんな声を出すかがわかるでしょう。けれど、そうでない人にとって、猫を参考に猫なで声を理解するのは難しいもの。

    人が出す猫なで声とは、優しくて甘い感じのする、高めのトーンの声と考えていいでしょう。もともとの発端は猫ですが、猫だけでなく犬に話しかけても猫なで声になりますし、小動物に対しても同じです。

    いわゆる愛らしい存在に対して話しかけるとき、無意識に猫なで声になるのが人の不思議なところ。そのため、人の赤ちゃんにも猫なで声で話しかけることがよくあります。