お酒をショットで楽しもう!ショット飲みの仕方やお酒の種類を解説

この記事では、ショットで飲むお酒を楽しめるようになりたい人向けに、おすすめの銘柄や飲み方を詳しくご紹介します。今流行っている銘柄や飲み方についても知ることができますよ。また、ショット飲みはアルコール度数が強いことが特徴なので、悪酔いしないように気をつける方法も紹介します。

  • そもそもショットのお酒って何?

    お酒が飲める年齢になると、居酒屋に行ったりしますよね。そして、もっとお酒に慣れてくると、クラブやバーに行くようになる大人が多いでしょう。

    大人の社交場と言われるバーやクラブでは、ショットというお酒の飲み方を楽しむ文化があります。

    ショットとは、居酒屋で出されるような、カクテルやチューハイとは違います。小さなグラスにアルコール度数の高いお酒を入れて、氷も入れず、水などでも割らずに、そのままクイっと飲み干す飲み方です。

    ショットで飲む機会が増えてきた人は、ショットの飲み方についてよく知っておくと楽しく飲めるようになりますよ。そして、どうしても酔いやすい飲み方なので、自分の身体のためにも、ショットで飲むお酒についてよく知っておくべきでしょう。

    ショットのお酒の意味


    ショットというのは、お酒の銘柄のことではありません。飲み方を表す言葉なのです。では、なぜショットと呼ばれるようなったのでしょうか。

    もともと、お酒をショットで飲む文化は日本のものではありませんでした。度数の高い日本酒を小さいお猪口で飲んでも、ショットは言わないですよね。

    日本でも、ショットと言えば洋酒のことを指します。外国では、テキーラやウォッカなどのお酒をストレートで飲むことをショットと言うでしょう。

    ショットとは「shot」と書き、英語で「弾丸」を意味します。他にも、注射を打つことを「shot」と表現したり、刺激があることを指す意味もあります。なので、弾丸のように刺激の強い飲み方であることを例えて、ショットという言い方になったのです。

    ショットのお酒の特徴


    ショットで好まれるお酒の最大の特徴は、香りや味わいが強いことです。より大胆にお酒の味を楽しむための飲み方が、ショットなのでしょう。

    ショットでお酒を飲んだ後は、鼻から抜けるような香りが楽しめます。水や炭酸、ジュースなどで割って飲むよりも、直接的に味を楽しむことができますよね。

    さらに、ショットで飲むお酒は、アルコール度数が高いことが特徴です。「shot」と言うくらいですから、刺激が強くないとショットとは言えません。

    ただ、外国で発祥した飲み方が日本に渡来し、現代に至るまでに、ショットの飲み方も優しくなってきているようです。今ではショットでのお酒の飲み方にも多様性が生まれ、必ずしもアルコール度数がすごく高いものばかりではなくなってきていますので、親しみやすくなったと言えますね。