身長差カップルが上手にキスする方法!あるあるな悩みもこれで解決♡

  • 身長差カップルのキスあるある【彼氏編】

    続いて、身長差カップルのキスあるある「彼氏編」についてみていきましょう。身長差のあるカップルのキスシーンでは、彼氏側も屈んだり首を曲げたりと、いろいろな苦労をしています。

    一方で、キスの加減を自分次第で決められることを楽しんでいる彼氏も多いようです。主導権を握れるという点は、高身長の彼氏ならではの楽しみですね。

    屈んだり首を曲げたりするのが大変


    「彼女とキスをするのは大好きなんですが、屈んだり首を曲げたりするのが大変です」(25歳/男性/営業職)というように、体の使い方に苦労している男性が多くいます。

    高身長の男性がキスをする時には、首を曲げて彼女の顔の位置を見て確認した後に、腰や膝を曲げて、最後に顔を動かして微調整するという一連の動作を行っています。身長差カップルでは、キスをするにもさまざまなコツが必要になりそうです。

    彼女の小ささを実感する


    「キスをするたびに彼女の小ささを実感する。可愛いなと思うし、ついついハグまでしてしまう」(19歳/男性/学生)というように、彼女と自分の体格差を実感している男性もいます。キスをするたびに体格差を実感してしまうのは、身長差カップルあるあるです。

    彼女の小さな体格を感じることで、自分が彼女を守らなければという庇護欲に駆られる男性も多くいます。キスをするたびに彼女を大事にしたい気持ちが高まるなんて、素敵なことですよね。

    自分が椅子に座っていると楽


    「自分が椅子に座っている時に、彼女に立ってもらうとキスにちょうどいい高さになる。彼女も最近それに気づいたらしく、自分が椅子に座っているのを見つけると、キスをするために近づいてきてくれる」(23歳/男性/営業職)という意見もありました。

    特に身長差の大きいカップルでは、男性が椅子に座ったほうがキスをしやすい場合もあります。普段とは違う高さから彼氏を見られることを楽しみにしている彼女もたくさんいますよ。

    自分の加減でキスできるのがいい


    「キスをするもしないも、どれくらいするのかも、自分次第。身長の高い自分がキスの主導権を握れるのがいい。彼女に物足りなそうな顔をされると、俄然燃える」(24歳/男性/運送)というちょっと強めな意見もありました。

    身長差カップルの場合、彼氏の協力なしには、彼女はキスをすることすらままならないこともあります。キスについて自分が主導権を持っているという優越感に浸ってしまう男性も多いようです。
  • 身長差カップルが上手にキスする方法(1)

    ここからは身長差カップルが上手にキスをする方法をご紹介します。せっかく好きな人と付き合っているのですから、身長差なんかに負けずに、たくさんのキスを交わしたいですよね。

    たくさんの身長差カップルが、ハードルを乗り越えてキスを楽しんでいます。自分たちに合った方法を探してみてくださいね!

    並んで座ってキス


    2人でソファに並んで座ると、かなりキスしやすくなります。クッションなどで彼女の座高を調節すれば、フィット感がさらにアップするでしょう。お互いに腕も回しやすくなるので、キスからハグまでを自然に楽しむことができるのもいいですね。

    ただし、柔らかすぎるソファだと彼女の足が浮いてしまったり、沈み込んでしまうので、程よい硬さのものを探してくださいね。それぞれが椅子に座るのもいいですが、その際は身長差をカバーできるサイズの椅子を使うことをおすすめします。

    お姫様抱っこをしてもらいながらキス


    女の子の憧れ「お姫様抱っこ」ができるのも、身長差カップルならではの楽しみです。小さい頃にアニメなどで見た「お姫様抱っこでのキス」に憧れを持ち続けている女性は多いのではないでしょうか。

    彼氏の腕の力強さを感じながらキスをされたら、舞い上がってしまいそうですね。彼氏の腕力次第で、2人の距離を好きなだけ縮めてキスを楽しむことができます。ただし、彼氏はやや苦しい体勢になってしまいますので、無理は禁物です。

    段差でキス


    階段や縁石などの段差の上に彼女が乗って彼氏との身長差を縮めるのも、身長差カップルのキスあるある技です。彼女としては、普段見られない彼氏の頭などに手が届きやすくなるのも嬉しいですよね。

    彼氏も腰が痛くなりにくいですし、彼女のことをより身近に感じられるようになるでしょう。カップルによって丁度よい段差の高さは異なりますので、いろいろなシチュエーションで試してみてください。慣れてくると、ひと目でピッタリの段差を判別できるようになりますよ。

    寝転んでキス


    自宅のようにまったりとした空間でデートができるのであれば、お布団などに寝転んでキスをするのもおすすめです。身長差はもちろんのこと、人目も気になりませんので、ゆっくりと二人の時間を堪能できます。

    足を絡ませたりすると密着度はもっとアップします。横になると足の長さが見えやすくなるので、お互いの体格の違いを実感することになるでしょう。キスをしつつ、お昼寝するのもいいですね。