セフレに告白されたらどう思う?男女の本音&片思い中にすべき行動は

  • 本命に昇格できるセフレの特徴

    セフレから恋人に昇格するのは至難の業です。そもそも最初から恋愛対象に入っていない可能性もあるので、それを挽回するのは並大抵のことではありません。

    しかし、一方でセフレから恋人に昇格した人が存在するのもまた事実。では、どういう人であれば恋人になれるのでしょうか?

    セックス以外にも魅力がある


    そもそもセフレになったのは、セックスがしたいからですよね。それ以外に相手に求めているものはそれほど多くないはずです。容姿や性格が微妙でも、セックスさえできればセフレにはなれます。

    一方で、恋人に求めるのはそれだけではありません。性格の相性や見た目の雰囲気など、いろんな要素を踏まえて恋愛対象として相手を見るのです。

    つまり、恋人に昇格しようと思ったら、セックス以外にも魅力がなければなりません。「ただのセフレにしておくにはもったいない」と相手に思わせることが大切です。

    束縛しない


    セフレを好きになったら、つらい気持ちが続きますよね。特に相手に本命の異性がいるようなら嫉妬もするはずです。「こっちを向いて!」という気持ちが強くなるあまり、相手の行動を束縛しようとしてしまうかもしれません。

    しかし、束縛すればするほど、相手は面倒くさくなります。そもそも気軽に楽しめる関係として始めたものですから、面倒になるとあっという間に関係を切られてしまうかも。

    そのため、束縛はNGです。むしろ寛大なところを見せることで、「この人なら恋人にしても大丈夫そうだ」と思ってもらわなければなりません。

    相手を大切にする


    自分のことを好きになってほしいと思いすぎると、相手を大事にすることを忘れがちです。しかしこちらの意見をぶつけるばかりでは、相手がふりむいてくれることはないでしょう。

    そのため、セフレから恋人へ昇格する人は、まず恋人のように相手を大切にすることから始める特徴があります。正式に恋人になる前に、実質的な恋人関係を実現してしまうのです。そうすることで、相手も自然と「自分たちって付き合ってるのも同然だな」と思ってくれるはず。

    諦めない


    ある意味、これが一番大事なことと言えるのではないでしょうか。セフレから恋人に昇格した人はなかなか諦めません。

    一見すると、これでは面倒くさがられて振られるような気がするでしょう。しかし、あえて面倒くさい状況に持ち込むのです。つまり、このまましつこく追いかけられるか、おとなしく付き合うか、という選択を相手に突き付けるということです。

    こうすると、「面倒くさいから付き合いたくない」と考えている人は、やがて「むしろ付き合った方が面倒なことにならずに済むのではないか」と考える傾向にあります。相手にとっては面白くないでしょうが、これも作戦かもしれませんね。