セフレに告白されたらどう思う?男女の本音&片思い中にすべき行動は

  • セフレに告白されたらどう思う?男女の本音

    セフレに告白された人はどう思うのでしょうか。完全にセフレだと思っていた相手からの突然の告白に戸惑う人は多いはず。しかし、告白する側はそんな気持ちになかなか気づけなかったりと、厄介な関係になりがちです。

    ということで、まずはセフレから告白された際にどう思うのか、世間の男女の意見を見てみましょう。

    セフレはセフレ!告白されたら関係は終わる


    「好きだし可愛いとは思う。でも付き合う気は全然ない。あくまでセックスしたいだけ」(26歳/男性/電気関係)

    どちらかというと、セフレに告白してしまう人は女性に多いようです。一方で、男性のほうは完全に遊びだと思っているため、なかなか応じてくれません。むしろ、告白された途端に面倒くさくなって、関係を断ち切りたいと思う人も少なくないようです。セフレから恋人になることの難しさが分かりますね。

    情はあるけど付き合うとなったら違う!


    「情があるので振るのは可哀想だとは思うんですけど、付き合う気にはなれないですね」(22歳/男性/学生)

    情があっても、それはセフレとして情があるということ。可哀想に思ってもセフレの気持ちに応えるのは無理という人は多いです。むしろ、付き合う気がないのに情が湧いてしまったことをつらく思っているかもしれません。

    飽きてきたころに言われても…


    「私はセフレとして彼と一緒に寝ていたつもりなんだけど、彼は結構本気だったみたい。でも告白されたときにはもう飽きてきてたっていうか…」(27歳/女性/アパレル関係)

    体を重ねるうちにだんだん好きになってきたというケースもあるかもしれませんね。しかし、そうやって時間をかけた後で告白しても、相手はすでに自分への興味を失いつつあることも…。冷めてきたころに告白されても、もはや心は動かないでしょう。

    そもそも好きじゃない


    「セフレって、別に好きな相手となるものじゃないですよね?だから別に彼のことを好きじゃないので、告白されても何とも思わないというか…。むしろ好かれてるってわかったらちょっと気持ち悪くなって、もう会えないかも」(20歳/女性/飲食店)

    セフレはあくまでセフレなので、そこには異性としての好意が少しも介在しないことがあります。「最初はそうだったけどだんだん好きに…」というケースも考えられますが、むしろそれは稀。最初から最後まで相手をセフレとしか見られないケースのほうが多いです。

    そんな相手に告白しても、まったく相手にされないどころか、思いの強さの差を気持ち悪がられてしまうかもしれません。