長生きしたくないと思うのはなぜ?心理や辛い気持ちへの対処法を解説

  • 長生きしたいと考える人の心理・理由【否定編】

    未来に対する明るいイメージから長生きしたいと考える人がほとんどですが、中には「死にたくない」という心理から長く生きたいと考える人もいます。

    積極的な意思とは異なりますが、死にたくないという意思もまた強くエネルギーを生み出すものです。生きていくという選択を前向きに考えることができるので、自ずと道も拓けて来るでしょう。

    命の危機に直面したことがある


    「死ぬかもしれないと本気で思ったことがある人は、死ぬことの怖さを知っていると思います。死にたくないから、長生きしたいんです」(32歳/男性/配送)

    生きている中で、時に命の危機に晒されることもあるでしょう。思いがけず大病や大怪我に見舞われたり、あるいは自殺を考えてしまったりすることは、誰にでもあり得ることです。

    死を目前にしたことのある人は、その恐怖を身をもって体験しています。死を実感すればこそ、「生の価値」は強く身に刻まれるでしょう。

    家族を残して逝きたくない


    「大切な家族との時間を長く持っていたいし、子どもが全員巣立つまでは死ねないです」(32歳/女性/派遣)

    守るべき存在があるうちは、自分が死ぬわけにいかないと気を張っている人も多いです。死を強く拒絶することは、生きていく活力を見出すことに繋がっていきます。

    「母は強し」という言葉があるように、子を持つ母親は何よりも強くたくましく、生きていく力を持っていると言えるでしょう。家族のために長生きしたいと考える女性が多く見られます。