お酒を飲むとセックスしたくなる?男女のメカニズムを徹底分析!

お酒を飲むとセックスがしたくなるのは、なぜなのでしょうか?そのメカニズムを知りたいとは思いませんか?今回は男女別にお酒を飲んでセックスしたくなる理由を徹底分析していきます。お酒なしでもムードが演出できる方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

  • お酒を飲むとセックスしたくなるのはどうして?

    お酒を飲むとエッチな気分になり、セックスしたいと思うことは、男女問わず少なくありません。お酒を飲まないとその気になれないなんて人もいるのも事実です。しかし、お酒を飲むとなぜセックスしたくなるのでしょうか?

    気持ちが解放的になるから、積極的になれるから、などの声もあります。なぜそのような気持ちになるのか、アルコールによって分泌される物質のメカニズムから徹底解説していきます!

    また、男女別にお酒を飲んでセックスしたくなったという体験談もご紹介します。あなたも経験したことがあるのではないでしょうか?

    それでは、早速お酒を飲むとセックスしたくなる理由から見ていきましょう!
  • お酒を飲むとセックスしたくなる理由

    お酒を飲むといつもよりセックスしたくなったという経験を持つ人は多いでしょう。気持ちが開放的になって恥じらいがなくなり、大胆になれるという声をよく聞きます。

    実はお酒によって性欲が高まるのには、さまざまなメカニズムがあったのです。そのメカニズムとは、いったいどういうものなのでしょうか?ひとつひとつ見ていきましょう。

    ドーパミンが分泌されるため


    アルコールを飲むと心地よく感じるのは、報酬系という脳の神経系が活発になっているからです。この報酬系ではドーパミンというホルモンが中心的な役割を担っています。

    ドーパミンは「快楽をもたらすホルモン」「やる気を出すホルモン」とも呼ばれており、近年注目が集まっているホルモンです。テレビなどのメディアで取り上げられることも多いので、聞いたことのある人もいるかもしれませんね。

    ドーパミンには本能的な欲求を高める働きもあります。セックスはもともと子孫を残すためのもの。お酒を飲むことによってドーパミンが活性化し、本能からセックスを求めてしまうのです。

    気持ちが緩まるから


    お酒を飲むと体温が高くなるため、血流が良くなります。このことにより、リラックスしたり、いつもより楽しくなってきたりと、気持ちが緩まってくるのです。そうなると、いつもはセックスに誘うのを躊躇してしまう人でも、大胆な行動に踏み出せるようになります。

    恥じらいがなくなりオープンになれるから


    お酒を飲むと恥じらいがなくなり、普段よりオープンになれますよね。これもドーパミンの分泌で開放的になるためです。シラフだと言えないエッチな話なども平気でできるようになり、盛り上がってそのままホテルへ行ってしまうなんてことも。

    セックス中もアルコールの作用で大胆になれるので、いつもより刺激的なセックスができる人も多いでしょう。

    目の前の異性が魅力的に見えるから


    お酒を飲むと、普段は意識していない異性もなぜか魅力的に見えてくるという経験をした人も多いのではないでしょうか?自分自身もアルコールの作用で気分が高まっている状態ですし、相手もリラックスしているため、いつもより気を許して会話ができたり、笑顔が輝いて見えたりします。