愛されたい男の心理や特徴は?女性の体験談&上手な付き合い方まで

たっぷりの愛情を注いでもらいたいと思う「愛されたい男」。なぜそこまで愛されることにこだわり、求め続けるのでしょうか?この記事では、愛されたい男の心理や特徴を徹底解説!愛されたいのにはワケがあるのです。そんな愛されたい男との上手な付き合い方や体験談も詳しく見ていきましょう。

  • 愛されたい系男子は意外と多い!

    男性から愛されたいと思う女性は多いですが、意外と男性にも女性から愛されたいと思う人がいます。

    今回は、「愛されたい系男子」に注目!なぜ、女性からの愛情をたっぷりと欲しがるのか、その心理や特徴に迫ります。愛されたい系男子となったのには、男性自身に問題や欲求がある場合もあれば、生活環境や過去が影響していることも?!謎が多く、ちょっと面倒なところもある愛されたい系男子。どんな背景や実態があるのか把握していきましょう。

    また、好きになった人&彼氏が愛されたい系男子だった…という女性のために、上手な付き合い方もご紹介。関係を深め満足してもらうためには、どんな接し方をすれば良いのかを学んでいきましょう。
  • 愛されたい男の特徴《内面編》

    はじめに、愛されたい男はどんな特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。

    まずは内面編。愛されたい系男子には、こうした性格的特徴があります。

    自分に自信がない


    愛されたい系男子の大きな特徴は、自分に自信がないことです。「こんな自分なんて…」という心理から、余計に人から愛されたいと感じるのかもしれませんね。

    自分にない自信を、彼女や周りの人からの愛情によって埋めようとしていることが考えられます。「人から必要とされている」という自信が欲しくて、愛されたいと思うのでしょう。

    寂しがり屋


    寂しがり屋であるという点も、愛されたい男に多く見られる特徴。一人になると寂しくなったり不安になったりすることが多いです。

    常に誰かと連絡を取っていないと落ち着かない、誰かに依存してしまうということもあります。そのため、愛されたい男の彼女になった女性が、彼氏を負担に感じてしまうということもしばしば。一人になるのが嫌な彼氏を持つことで、自分の時間が持てなくなったり、窮屈に感じたりする人もいます。

    ヤキモチ妬き


    愛されたい男は、彼女や周りの愛情を独占したいという気持ちがあります。相手の愛情を、自分にだけ向けて欲しいと感じるのです。

    そのため、愛してほしいと思っている相手が、他の人と仲良くしたり愛情を注いでいるシーンを見ると、ヤキモチを妬きます。「なんで自分に向けてくれないんだ」と、怒りや憎しみすら持つこともあるのです。

    自意識過剰なナルシストな場合も


    自分に自信がないタイプの男性もいますが、逆に自意識過剰なナルシストタイプの男性も愛されたい男になっていることがあります。

    愛されて当然、他の男は自分より魅力がないと思っているために、相手の愛情を全て独り占めできるものだと思い込んでいるのです。

    こうした男性の場合、彼女に対して「してもらって当然」という感覚があるため、彼女は不満に思うことも多くなります。どこか亭主関白で王様のような意識で、「彼女=愛してくれるもの」が当たり前なのです。