喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴│いい喧嘩・悪い喧嘩の違いも

  • 別れた方が良い喧嘩が多いカップルの特徴

    先述した通り、「喧嘩する=仲がいい」というわけではありません。中には、別れた方が良い喧嘩のタイプもあります。

    別れた方が良いとされる喧嘩は、一体どんな喧嘩なのでしょうか?自分たちにとってメリットにならない喧嘩の特徴を見ていくことにしましょう。

    自分を守るために嘘をついてしまう


    自分の意見を正当化するため、あるいは責められないようにするために嘘をつくような喧嘩が多い場合は、別れた方が良いでしょう。

    自分を守るために嘘をついている時点で、本音でも真実でもありませんよね。そしてその嘘がバレてしまった時、相手の信用を一気に失ってしまうでしょう。

    喧嘩のたびに嘘をついていては、相手も何を信じればいいのか、何が真実なのかが分からなくなっていきます。ぶつかることを恐れたり、自分のマイナス点をカバーするために嘘をつくようなら、いつまでも本音で喧嘩はできません。

    相手をけなす言葉が多い


    「バカじゃないの?」「幼稚だね」など、相手をけなすような言葉が多い喧嘩はプラスになりません。けなす言葉や相手をただただ傷つける言葉が飛び交う喧嘩ばかりしているなら、別れた方が良いでしょう。

    喧嘩するほど仲がいいカップルは、本音をぶつけています。つまり、自分の思いや意見をぶつけているのです。相手を攻撃することや傷つけることが喧嘩の目的ではありません。

    相手をけなす言葉が多いと、本音を理解し合えないだけでなく、本質からずれた喧嘩になってしまいます。けなし合いが続くようであれば、別れた方が良いでしょう。

    同じことで何度も喧嘩を繰り返す


    同じ内容の喧嘩を何度も繰り返す場合も、別れた方が良いと言えます。

    お互いに価値観や考えが違うことは、どのカップルにもあり得る話です。そこで衝突が起きたり喧嘩になることもあるでしょう。

    ただ、1度や2度喧嘩をしても解決に至らず、何度も同じことで喧嘩をしてしまうようであれば、お互いに受け入れられないでいる証拠。相手を理解することが難しいでしょう。

    このような場合、喧嘩によってお互いに成長ができていないと言えます。今後も同じことでの喧嘩が続く可能性が高いです。

    折れる側が決まっている


    折れる側が決まっている喧嘩も、別れた方が良い喧嘩だと言えるでしょう。いつも片方だけが謝り、片方だけの主張が反映されるといった関係性は、主従関係を生み出します。

    例えば、「長々と喧嘩したくない」「謝れば済む話」と考える人は、喧嘩が長引くにつれて面倒に感じてくるでしょう。すると、「自分が悪かったよ、ごめん」と仲直りのキッカケを作ります。

    仲直りのキッカケを作るという行動は賞賛すべき行動ですが、実際には面倒を避けたくて折れているだけ。この行動により、相手の自己主張がさらに激しくなったり、自分の意見が言えなくなったりします。

    このように折れる側が決まっている喧嘩が続くと、本音を理解し合えないだけでなく、立場が対等ではなくなるのです。
  • カップルのいい喧嘩と悪い喧嘩の違い

    ここで、カップルにおける「いい喧嘩」と「悪い喧嘩」の違いを見ていくことにします。

    ひと口に喧嘩と言っても、その内容や結末から「いい喧嘩」と「悪い喧嘩」に分かれます。どんな喧嘩であれば「喧嘩するほど仲がいい」と言われる喧嘩になるのか、その違いを具体的に把握しておきましょう。

    相手のコンプレックスをつくのは悪い喧嘩


    別れた方がいいカップルの喧嘩にもあったように、相手をけなす喧嘩は悪い喧嘩です。当然、相手のコンプレックスをつくのも悪い喧嘩。関係性を悪くするだけでなく、相手の心に傷を負わせてしまう喧嘩ですよね。

    相手のコンプレックスをつくという攻め方は、卑怯な攻め方です。相手が気にしていることや自信ないところにつけこんで、相手を弱らせようというやり方ですよね。それでは相手を苦しめるためだけの喧嘩になってしまいます。

    過去を引き合いに出して相手を丸め込むのは悪い喧嘩


    喧嘩がヒートアップしてくると、「負けたくない」という思いに駆られる人もいます。すると、過去の出来事を引き合いに出すこともあるでしょう。

    「前にあなたは浮気した」「前はこっちが折れた」など、過去の出来事を引っ張り出してきて相手を丸め込む喧嘩は悪い喧嘩。一度解決したはずの問題を盾に、相手の意見を封じ込めてしまうため、本音でぶつかることができなくなります。

    いい喧嘩にするためには、「今」としっかり向き合うことです。今起きていることをテーマにした喧嘩でないと、本当の問題点を見失ってしまいます。

    喧嘩の後にお互いが反省できるのはいい喧嘩


    喧嘩の後、お互いにしっかり反省できるのはいい喧嘩でしょう。「自分も○○なところが悪かった」と気付き、成長に繋げることができるのは、反省があるからこそです。

    ここでは「お互いが」という点がポイント。片方だけが反省し成長しても意味がありません。お互いに成長することによって、同じ喧嘩を繰り返さないだけでなく、相手への理解を深めることができます。

    「相手が悪い」とだけ考えるのではなく、「自分の何が悪かったか」を考えることも大切ですね。

    仲直りの方向に話を持っていけるのはいい喧嘩


    最終的な着地点が「仲直り」となる喧嘩であれば、いい喧嘩でしょう。お互いに「こうしてみるのは?」「だったらこうするのは?」と、解決策を求めながらする喧嘩ですね。

    解決に向けて喧嘩ができるということは、お互いに冷静さを保つことができている証拠です。感情的になったり相手を攻撃するのではなく、喧嘩の本質を見極めて、どう折り合いをつけるかを話し合うことができている状態です。こうした喧嘩なら長引きもせず、仲直りするのも早いです。