喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴│いい喧嘩・悪い喧嘩の違いも

あなたは彼氏とどのくらいの頻度で、どんな喧嘩をしますか?「喧嘩するほど仲がいい」とよく言われますが、ただ単に喧嘩が多ければ良いというわけではないでしょう。中には、仲がこじれてしまう悪い喧嘩も存在します。この記事を読んで、いい喧嘩・悪い喧嘩を区別し、恋人ともっと絆を深めてみませんか?

  • 喧嘩するほど仲がいいってよくいうけど…?

    「喧嘩するほど仲がいい」とよく耳にしますよね。

    実際のところ、喧嘩するほど仲がいいという言葉通り、カップルが喧嘩することは良いことなのでしょうか?その実態に迫ります。

    「喧嘩するほど仲がいい」の意味


    まずは、「喧嘩するほど仲がいい」とはどんな意味合いで使われる言葉なのかという点からご説明しましょう。

    「喧嘩するほど仲がいい」は、その二人が言いたいことを言える関係性であることを表しています。反対意見を言い合ったところで崩れない関係性であり、また言いたいことを遠慮や気遣いなしに言い合える関係性です。つまり、「喧嘩できるほど絆が深い二人である」ということ。

    相手に気を遣ったり顔色をうかがっている状態では、なかなか本音でぶつかることはできませんよね。喧嘩するほど仲がいい二人には、長い期間で培った絆、築き上げた関係性があると言えるでしょう。

    カップルだけでなく友達にも当てはまる


    「喧嘩するほど仲がいい」は、カップルだけではなく友達にも当てはまる言葉です。自分の意見を素直に言うことができて、喧嘩になったとしてもそこで縁が切れる簡単な関係性ではないなら、喧嘩するほど仲がいい二人であると言えるでしょう。

    そこまでの関係性になるには、それなりの時間や経緯が必要ですよね。「この人は信用できる」という基盤がない限り、なかなかこうした関係性は築けません。

    喧嘩するほど仲がいいと思えるほどの人ができたとしたら、あなたにとって貴重な存在であることは間違いないでしょう。

    ただ単に喧嘩すればいいわけではない


    もちろん、ただ単に喧嘩すればいいというわけではありません。その喧嘩で得ること、成長することがあってこその言葉であるため、「衝突すること=仲がいい」ではないのです。

    つまり、「良い喧嘩」と「悪い喧嘩」が存在するということ。今回はその違いに注目していきます。どういった喧嘩がプラスになる喧嘩なのか、逆にどんな喧嘩だとマイナスな喧嘩なのか、この後見ていくことにしましょう。