絶食系男子の意味と特徴は?原因から付き合い方まで解説!【必見】

絶食系男子とは、恋愛や結婚に一切興味を示さない男性のこと。肉食や草食のように、食いつかない男性なんているの?と思う女性のために、この記事では絶食系男子とはなんたるかを解説!なぜ絶食系男子になってしまうのか、絶食系男子との恋愛はどうすれば発展するのかも分析していきます!

  • 草食ならぬ絶食系男子!どんなタイプなの?

    肉食系男子や草食系男子という言葉なら、よく耳にするカテゴリでしょう。男子を区分するのであれば、どちらかで判別する女性も多くいます。しかし、最近では絶食系男子と言うカテゴリも浮上していて、その数は増えつつあるのです。

    絶食系男子と聞いて、ある程度のイメージを思い浮かべることはできるかもしれませんが、果たしてその解釈は合っているのでしょうか?

    もしも、恋をした相手が絶食系男子ならば、正しい解釈と理解が必要になってきます。今回は、絶食系男子についてクローズアップしていきましょう。「どう恋愛していけばいいかわからない!」そんな時こそ参考にしてみてくださいね。

    「絶食系男子」の意味とは


    はじめに、絶食系男子の基本的な意味から知っていきましょう。名前に「絶食系」とついているからには、食べることに意欲がない、または拒絶感を持っています。恋愛の場面でいうと、恋も結婚も、時には性的な意味でも、一切の興味を示さない男子を意味しているのです。

    どんなに魅力的な女性と一緒にいても、どんなに絶好なシチュエーションでも、それらを利用しようという気はありません。色恋に対しても興味がないので、女性を弄んだりもしませんが、折角の恋愛の機会までみすみす逃してしまうことも。

    草食系男子と絶食系男子との違い


    「恋愛に興味がないのなら、草食系男子と同じじゃない?」と思ってしまいますよね。しかし、草食系男子と絶食系男子には大きな違いがあります。それは、恋愛に対する意欲。絶食系男子は、恋にまつわる全てのことに意欲も関心もありません。それに対して、草食系男子は、ただ奥手なだけで恋愛自体には意欲も関心もちゃんとあります。

    恋愛に対して積極的じゃないというだけで、同じ括りにされてしまいがちですが、草食系男子と絶食系男子はまるで違うことを知っておきましょう。そうでないと、草食系男子のつもりでアプローチしていたことが、裏目に出てしまう危険性にも繋がってしまいます。
  • 絶食系男子の特徴①

    草食系男子と見分けをつけるためにも、絶食系男子の特徴は知っておいた方がいいでしょう。先にも言いましたが、絶食系には拒絶の意味も含んでいることがあります。そのため、特徴の一つ一つが、良い面と悪い面という二面性を持ってしまうようです。

    それでは一つずつ、説明しながらみていきましょう。まずは、絶食系男子の人間性に関する特徴です。ご紹介する特徴が当てはまり、尚且つ二面的な見方が出来るのであれば、絶食系男子の可能性は高まるはずです。

    穏やかな印象


    絶食系男子の多くは、穏やかな印象を与えるでしょう。自分というものをしっかり持っているので、変に乱されることがないのです。何を聞いても何を見ても、「そうなんだ」で終わりに出来てしまうのは、割り切っているからとも言えます。

    ころころと気分が変わる様子がないので、安心できる人と思うでしょう。実際そうなのですが、見方によっては淡泊であることを印象づけてしまうことも。どんな時でも穏やかなのは
    「どうでもいいんだろうな」「興味がないんだろうな」と、相手を落胆させてしまうこともあるのです。

    マイペース


    穏やかであると同時に、自分のペースを乱さないという特徴も持っています。自分で考え、自分で決めた配分で動くことがベストだと考えているのかも知れません。人の話に耳を傾けることはしますが、基本的にはマイペースに動くでしょう。

    きちんと自分で算段をしているので、マイペースに動いたとしても、大きな失敗はありません。ですが、人の話に耳を傾けはするのに、頑なに自分の意思を貫く様は周囲に疑問を抱かせることも。時には、「自分なんか必要ないんじゃないか」と周りに思わせてしまうこともあるかもしれませんね。

    仕事熱心でストイック


    絶食系男子のイメージとして定着してしまいがちな印象は、無気力です。だからこそ意外でしょうが、実は責任感が強く仕事熱心であるという特徴を持っています。責任が大きければ大きいほど、そこにやり甲斐を感じてもいるようです。

    仕事熱心なのはいいことなのですが、ストイックさも半端ではありません。仕事においては感情を排しており、何事も達観視している部分があります。「仕事は出来るけど、人としてちょっと無機質」と思われるので、一人で仕事をこなしていることが多いかもしれませんね。

    自分の時間を大切にしたい


    とにかく自分の時間を大切にしたい、邪魔をされたくないという心理が強く、人を寄せ付けない絶食系男子もいます。趣味にしても仕事にしても、自分の時間は自分だけのもので、そこに他人が関与することに不満を持ってしまうのです。それがどんなに仲のいい男友達でも、例外ではないでしょう。

    もちろん、自分の時間を大切にする分、付き合いが悪いという見方にもなってしまうでしょう。露骨に人を邪見にする人などは、特にそうかもしれません。もしも、こういった特徴を持った人を好きになってしまったら、彼ガ一人で過ごしている時間に無理に入ろうとはしない方がいいですね。