彼女の添い寝で大好きな彼氏に癒しを♡誘い方・やり方のコツを紹介!

大好きな彼氏に癒しを与えたい。そう考えた時、彼女として何をしてあげたいですか?癒しといっても、何をどうしてあげればいいのか、なかなか難しいですよね。ですが彼氏を癒してあげるのは難しいことではありません。今回は、今すぐにでもできる、癒し効果の高い「添い寝」にスポットを当ててみました。

  • 添い寝で大好きな彼氏を癒やしたい!

    大好きな彼氏のために、彼女としてどんなことをしてあげたら良いのか、普段から考えていることでしょう。あなたが思いつく言動は、彼氏に喜んでもらえたり感動してもらえたりしているはず。

    この時、喜ばせるや感動させるなどの言動は、比較的簡単に思いつきます。ですが「癒しを与える」ことは、パッとすぐに思いつかない人が多いのではないでしょうか。

    そこで今回の記事では、最も簡単で、なんの準備も要らずに今すぐにでも彼氏に癒しを与えられる「添い寝」について徹底解説していきます。添い寝のやり方やコツ、男性側のリアルな意見などお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。
  • 添い寝の効果とは?デメリットはあるの?

    彼女としての添い寝の効果にはどのようなものがあるのか、この項目でご説明していきましょう。好きな者同士が寄り添い、隣同士で寝るのですから、良い効果ばかりなのではと思いがちですよね。

    ですがそこには、数少ないデメリットも存在します。良い点・悪い点の両方に理解を深め、彼氏との添い寝の参考にしてください。

    メリット:安眠できる


    一人で眠りにつく夜など、孤独感からちょっとした心配事やその日の失敗など、くよくよと考えることがあるでしょう。するとどんどん頭が冴え、寝付きが悪くなってしまうことに。

    しかし添い寝してくれる誰かがいると、スーッと安眠できます。安眠とは、安心して深い眠りにつけるということ。彼女が隣にいるだけで安らぎを感じられ、ゆっくりと眠りにつくことができるのです。

    メリット:体が温まる


    一人で眠りにつこうとすると、布団の中が温まるまでにある程度の時間がかかります。ですが彼女が添い寝してくれると、もう一人分の体温がプラスされるので、たちまち体が温まっていくのです。心なしか気持ちの高揚などもあり、体温を上げてくれる効果があるのかもしれませんね。

    メリット:好きな気持ちが高まりやすい


    好きな彼女と体が触れあっているのですから、気持ちが高まりやすいというメリットは十分考えられます。体の距離=心の距離とよくいわれますよね。そもそも恋人同士の二人ですから、添い寝することで、より一層好きな気持ちが高まっていくのは間違いないでしょう。

    デメリット:添い寝が苦手な男性もいる


    中には添い寝が苦手な男性もいることは確かです。細かい理由は、男性により違いがありますが、大まかにいうと眠る時は一人を好むということ。

    相手がどんなに好きな彼女であろうとも、添い寝されたら一人ではなくなってしまいますよね。彼女が好き・嫌いなど関係なく、自分の求めるベストな状態が「一人寝」なのですから仕方がないのです。

    デメリット:ちょっと窮屈?


    添い寝が苦手な男性の具体的な理由の一つに、ちょっと窮屈に感じてしまうというものがあります。一緒に寝る布団の大きさはどうあれ、添い寝というものはそもそも、二人がくっついて寝るものですよね。

    そのため、なんとなく身動きが取れなさそうで、受け入れられないという男性もいます。実際、添い寝は決して窮屈なものではありませんが、添い寝されることに慣れていない男性は、そういったイメージを持つのでしょう。

    デメリット:彼女に気を使ってしまう


    彼女が添い寝してくれるのは嬉しいけれど、気を使ってしまうという男性もいます。眠るまでのひと時までも、彼女に対して気を使いたくないというのが本音なのでしょう。

    たとえば、彼氏自身のいびきがうるさいとか寝相が悪いなど。彼女に対して迷惑をかけてしまいそうな原因がある場合、添い寝されて安眠したら、その後嫌な思いをさせてしまいますよね。そう考えると逆に眠りにつけなくなってしまうので、添い寝されることは避けたいのでしょう。