彼氏に疲れる!別れるべき?チェックポイントと上手な付き合い方!

  • 一緒にいると疲れる彼氏!続けてもいいパターン

    一緒にいると疲れる彼氏を持っていても、中には別れよりも改善へと歩みを進めた方が良いカップルもいます。

    そこで、「一緒にいると疲れるけれど、関係を続けても良いパターン」についても紹介しましょう。

    彼氏のことがまだ好き


    あなたの中にまだ彼氏が好きという気持ちがあるなら、今はまだ別れるタイミングではありません。これがあなたの中に何の感情もないとあれば、すぐにでも別れるべき相手です。しかし気持ちが残っているのであれば、早々に別れることで後悔することになります。

    「あの時もっと話し合っておけば」と後悔するのは、誰だって嫌ですよね。疲れるからと早々に別れを決意すると、何の解決もできずに関係が終わってしまいます。これでは次の彼氏ができたとしても、同じ過ちを犯してしまうでしょう。

    何度も同じことを繰り返してしまう恐れもあるので、まだ気持ちがあるなら関係修復のためにできることを探すべきです。

    改善の余地がある


    彼が反省し、改善する姿勢を見せているなら別れるべきではありません。本当に心から反省しているのに、すぐに関係を切ってしまうのはかわいそうといえます。そのため彼の本気度を試してから別れを考えた方が良いでしょう。

    また疲れると感じる理由や原因に対し、何か解決策があるなら互いに実践していくべきです。彼氏だけに解決を任せていると、どこかで関係が拗れてしまう恐れがあります。互いに修復へと歩みを進めることで、関係をより良い方向に導いて行けるでしょう。

    ただし彼が反省し、改善を誓ってもなかなか実行しない場合には、見込みナシと見て別れを考えることをおすすめします。

    話し合うことができる


    彼に横暴な態度が見られても、話し合いに応じてくれるなら別れを決意するのはまだ早いといえます。何かと文句を言いつつも話し合いに応じ、こちらの言うことに耳を傾けるのは、自身にも悪い部分があると感じているからです。

    そのため、疲れるからと早々に別れを決意すると、さらに関係が拗れてしまうでしょう。これでは関係を修復することができないので、互いに不快な思いをするだけです。彼があなたの声に耳を傾けようとしてくれているなら、まずは話し合いで解決を図ってみましょう。

    それでも「無理だ」「疲れる」と感じるなら、別れを考えるべきといえます。

    疲れを感じる頻度が「たまに」という程度


    彼氏に対して疲れると感じる頻度が毎回ではなく、「たまに」という程度ならまだ別れるべきではありません。たまに感じる程度の疲れなら、少し距離を置いたり話し合うことで改善させることができるからです。

    また改善も考えずすぐに別れると、いずれ後悔することにも。「あの時もっと話し合っておけば」と後悔しても、関係が元通りになるとは限りません。特にあなたにまだ「好き」という感情が残っているなら、早とちりは禁物です。

    たまに「疲れる」と感じる程度であれば、気分をリフレッシュすることで上手く付き合っていけますよ。
  • 疲れることなく彼氏と付き合うコツ

    彼氏に疲れるからといって別れることは簡単です。しかし「疲れる」を理由に別れを繰り返していては、何の解決にもなりません。あなたが本当に幸せになりたいなら、疲れることなく彼氏と付き合うコツも知っておきましょう。

    彼氏に尽くしすぎない


    彼氏に疲れることなく付き合うには、彼氏に尽くしすぎないことが大切です。今の彼氏を結婚相手として見ているならある程度の奉仕は良いですが、そうでないなら尽くしすぎない方が良いでしょう。

    あまりに彼氏に奉仕しすぎると、男性はそれを「当たり前」のように感じ、さらに上の奉仕を強請るようになります。そのため彼女としては、さらに自分をすり減らしながらすることに。

    これでは単に女性が疲れるだけなので、良いことはありません。尽くしすぎることで利用されることもあると自覚しておいた方が良いですよ。

    彼氏に合わせすぎない


    彼氏に奉仕しすぎないだけでなく、合わせすぎないことも大切です。彼にペースを合わせすぎると、自分の気苦労が増えます。また我慢することも多くなるので、疲れるだけでなく不満まで溜まっていくでしょう。

    そのため彼氏に合わせすぎず、譲れないものは譲れないと主張した方が良いですよ。彼氏に譲歩しすぎると、自分が我慢し疲れるだけで終わってしまいます。彼氏彼女の関係は対等であるべきなので、どちらか一方が不満を溜め続ける必要はありません。

    自分の想いを正直に話し、自分から歩み寄っても彼がその気にならないなら別れを考えましょう。

    会う頻度が多すぎるのはNG


    良好な関係を保つには、頻繁に会うことが得策だと感じている女性もいるでしょう。しかし会う頻度が多いと、それだけ彼に気を遣うことも多くなります。また一緒にいる時間が増えるので、余計に息苦しさを感じてしまうのです。

    そこで、会う頻度やデート回数を抑えることで疲れる回数を減らしてみてください。同棲しているなら、週末は実家に帰るなどの工夫をしましょう。互いに顔を合わせる頻度が減れば、息苦しさを感じる頻度も減っていきます。

    ただし会う頻度を減らすことで、連絡頻度が増える場合には注意が必要です。これでは疲れると感じる頻度は変わらないため、解決策にはなりませんよ。

    「疲れる」と感じた時は距離を置く


    彼氏と上手く付き合っていきたいなら、「疲れる」と感じた時ほど距離を置きましょう。いったん冷静になることで、互いの関係性を見直すことができますよ。距離を置くことで、彼氏の悪いところだけでなく自分がどう行動すれば良いのかもみえてくるでしょう。

    また距離を置きたい時は、角が立つような伝え方に注意が必要です。誰だっていきなり「疲れるから距離を置きたい」なんて言われたら、わけがわからずに怒りを感じますよね。そのため、何か理由を付けて誤魔化すことがおすすめです。

    ありのままに伝えても良いですが、関係性を崩したくないならオブラートに包んで伝えましょう。