結婚するカップルの特徴は?【男女別】結婚を意識するタイミングも!

パートナーとの交際が順調でも、どうしても気になってしまうのが結婚の問題。この記事では、結婚を意識するタイミングや交際期間などについて、結婚する・しないカップルそれぞれの特徴を解説していきます。今付き合っている相手と結婚したい人はぜひ読んでみてください。

  • 結婚する・できないカップルの違いってなに?

    大好きな人と付き合う上で、どうしても考えなければいけないのが結婚という問題。「好きな人と結婚して一緒に暮らしたい」と考えている人は少なくありませんが、世の中には結婚できるカップルと結婚できないカップルがあります。

    はたして、結婚する・できないカップルの違いとは、どのようなところにあるのでしょうか。ここからはカップルの交際期間や結婚するカップルの特徴、関係を長続きさせ結婚を実現する方法を解説していきます。

    結婚するカップルになれるよう、相手との関係を前向きに見直していきましょう。
  • 交際期間別!カップルの関係性

    結婚を考えているカップルの多くが気にしているのが、結婚するまでの平均交際期間です。まずは交際期間別に結婚に関するカップルの関係性を解説します。好きな人と結婚するため、ぜひ参考にしてください。

    1ヶ月~3ヶ月


    交際期間が1〜3ヶ月のカップルは、まだまだ付き合いたてなので結婚について考える人は少ないでしょう。交際期間が1〜3ヶ月のうちは、結婚することよりも相手の性格や行動を知ることのほうが大切です。

    ただし、婚活パーティで出会ったカップルなどは結婚を前提に交際を進めていると考えられます。出会って1ヶ月ほどであっても、結婚前提で交際を始めている場合であれば、理想の家庭像や仕事についてお互いに確認し合うカップルもいるでしょう。

    3ヶ月〜半年


    カップルがお互いのことを理解し始める時期が、3ヶ月〜半年です。お互いに結婚をしたいと考えているのであれば、すでに結婚に向け動き出しているカップルもいるでしょう。

    しかし、ほとんどのカップルはまだお互いのことを知るので手一杯です。相手の結婚観、家族観などを確認しつつ、カップルの仲をさらに深めていく時期だと言えるでしょう。

    半年〜1年


    半年から1年ほどで、結婚を意識するカップルは少なくありません。特に結婚適齢期と言われる25歳から30歳あたりのカップルなら、結婚することについて考えなければいけない時期でしょう。

    交際期間が半年を超えていれば、お互いの性格や生活の仕方についてもある程度理解ができているはずです。カップルのうちどちらかが結婚することを希望しているなら、結婚を含め将来について話し合ってみましょう。

    1~2年


    交際も1〜2年ともなれば、具体的に結婚を意識しだすのが一般的かもしれません。結婚適齢期以上の年齢であれば、カップルでお互いに結婚について話し合っていく時期でしょう。

    しかし結婚を全く意識せず交際を続けているというケースも少なくありません。こちらはどうしても結婚したいのに、相手にまったくその気がなければ、思い切って別れて、新しいパートナーを探すという選択も賢明でしょう。

    2年以上


    交際期間が2年以上になれば、嫌でも結婚について周囲の人から聞かれることが多いのではないでしょうか。また、2年以上も交際を続けていればお互いのことも良く理解できているので、結婚について話す機会もあるでしょう。

    これから二人の関係をどうやって行くのか、話し合う時間をきちんと確保することが大切です。