不倫相手が音信不通!もしかしてバレた?連絡がない本当の理由とは

  • 不倫相手が音信不通になったときのベストな対処法

    不倫相手が音信不通になったときのNG行動をご紹介しましたが、それでは、連絡が途絶えたときはどのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、音信不通になったときのベストな対処法を見てみましょう。

    不倫相手を信じて待つ


    音信不通になっても、まずは連絡が来ることを信じて待ってみましょう。不倫相手とはいっても、大好きな男性なので信じたいですね。

    最後に会ったときや連絡をとったときに変わった様子がなかったのであれば、なおさらです。今は何か理由があって連絡がとれないだけで、また連絡が来るかもしれません。

    ただ、いつまでも待っているのは不安で辛いこと。不倫相手が音信不通になっても信じて待つと決めたら、期限を決めて待つことをおすすめします。そうすれば、先ほどお伝えしたようなNG行動をしないで済むはずです。

    不倫相手のことはキッパリ諦める


    不倫相手と音信不通になったのは、不倫関係を見直すきっかけなのかもしれません。連絡が取れない理由がハッキリとわからなくて不安かもしれませんが、相手の男性は何か理由があって音信不通になっているのです。

    理由のひとつには、先ほどお伝えしたように、別れたいと思っていることや、他の不倫相手がいるということがあるのです。もしそのような理由で連絡をくれないとしたら、待っていても仕方がないですね。

    それに、不倫相手には妻がいるのです。もしかしたら子供もいるかもしれませんね。不倫関係を続けるリスクを考えると、キッパリと諦めて新しい恋愛を見つけるのもいいのではないでしょうか。

    不倫相手のことを考えないようにする


    音信不通をきっかけに相手の男性のことを忘れようと思っても、なかなか忘れられない女性もいるでしょう。まずは不倫相手のことを考えないようにしてみてください。

    連絡を待っていると、ついスマホを触って連絡がないか確認してしまうこともあるはず。また、これまでのLINEのやり取りを見たら、不倫相手のことを思い出してしまいますね。

    そんなときは、「もう連絡は来ないんだから要らない!」と強い気持ちで連絡先やLINEの履歴を削除してしまうといいですよ。強制的に考えないようにすることで、時間とともに連絡が来ないことを意識しなくなり、不倫相手を諦めることができるでしょう。

    いつもと違う方法で連絡してみる


    音信不通になったとき、いつもと違う方法で連絡してみるという方法があります。例えばいつもLINEでやり取りをしていたところを、SMS(ショートメッセージ)にするのです。

    音信不通の理由のところでお伝えしたように、スマホの故障や買い替えでLINEの引継ぎがうまくできずに連絡ができないこともあります。その場合は、携帯番号で送信できるSMSを使えば、不倫相手もメッセージを確認することができますね。

    電話番号を知らない場合は、SNSのダイレクトメッセージという方法もあります。先ほどSNSで繋がろうとするのはNG行動とお伝えしました。しかし大勢が見ることのできるコメント機能ではなく、本人同士しか見ないダイレクトメッセージなら大丈夫でしょう。

    最後に会って話したいことを伝える


    「音信不通になったということは、もう不倫関係は終わりなのかも…」と察する女性もいるでしょう。もしかしたら、彼の気持ちが離れているのを感じていたのかもしませんね。

    それでも、音信不通のまま自然消滅ではなく、会って別れを言いたいという女性もいるはず。その場合は「最後に会って話したい」と不倫相手に伝えてみるのもいいですね。

    相手の男性も「ちゃんとお別れをしよう」と思ってくれるかもしれません。音信不通で別れを覚悟しているけど、最後に会いたいという場合は、この方法がいいでしょう。

    SNSで安否確認


    不倫相手が音信不通になったとき、不安なのは別れだけでなく「彼が元気かどうか」というのもあるでしょう。嫌われたくないから自分から連絡するのはやめておこうと思っても、やはり彼が元気でいるのかどうかは気になるもの。

    その場合は、SNSを使って安否確認するという方法がいいでしょう。不倫相手がSNSに投稿する人ではなくても、奥さんや友人の投稿で確認することもできますよ。ただし、SNSでは見たくない事実を知ることもあるので注意してくださいね。
  • 不倫相手が音信不通に!実録エピソード

    ここまでは、音信不通になる理由や心理、連絡がこないときの行動についてご紹介しました。ここからは、それを踏まえて実際のエピソードを見ていきましょう。音信不通になったエピソードを読むと、様々な不倫の形があることがわかります。

    信じて待っていたのに、別の不倫相手がいた


    「1年間不倫していた彼が音信不通になりました。最初は仕事が忙しくて連絡する暇がないのかと思っていました。それに、奥さんとは離婚して私と結婚してくれると言っていたので、信じて待っていたんです。

    それでも連絡がとれないので、彼の会社の近くまで行ってしまいました。彼は会社を出たあと、奥さんではない女性とホテルに入って行って…。すでに別の不倫相手がいて、私は勝手に捨てられたんです」(30歳/女性/会社員)

    不倫相手から結婚の話までされれば、音信不通になっても信じて待ってしまいますね。それなのに別の不倫相手がいたなんて…。信じていた分、ショックも大きいでしょう。

    妻とはセックスレスだと言っていたのに…


    「不倫相手の男性は『結婚して5年だが、妻とはセックスレスだ』と言っていました。奥さんのことを女性として見られないとまで言っていたんです。そんな彼が、ある日突然音信不通に。

    彼はほとんどSNSに投稿しないので、奥さんの方をチェックしてみました。それで、奥さんがつい最近出産したことを知ったんです。連絡がとれなくなったのはそのころからで、奥さんとセックスレスなんて嘘でした」(28歳/女性/看護師)

    既婚男性が不倫をするとき、「妻とはセックスレス」「女性として見られない」と言うこともあります。しかし、それが本当かどうかはわからないということですね。不倫相手の男性は、奥さんの出産をきっかけに不倫をやめようと思ったのかもしれません。

    音信不通で会いに行ったら奥さんにバレた


    「不倫ですが、私にとっては大好きな彼です。そんな彼と連絡がとれず不安な日々を過ごしていたのですが、ついにダメだとわかっていたけど会いに行ってしまいました。自宅の最寄駅は知っていたので、帰宅しそうな時間に駅で待つことにしたんです。

    駅で彼に会うことはできたのですが、『どうして連絡をくれないの?』と彼にかけよったら、近くに奥さんが…。実は不倫を怪しんでいた奥さんが、彼の行動を監視していたのです。私が会いに行ったことで、不倫がバレる事態になってしまいました」(23歳/女性/飲食店勤務)

    音信不通になった理由のひとつとして考えられるのが、奥さんにバレたか、バレそうだということ。奥さんが怪しんでいる場合、LINEや電話だけでなく、夫の行動もチェックしていることがあります。会いに行くのは危険というのがよくわかるエピソードですね。

    不倫相手には大切な家族がいると実感した


    「不倫相手が突然音信不通になりました。毎日連絡していたのに、1週間連絡が途絶えたんです。不倫だし、いつか別れがくるかもしれないと覚悟していました。でもせめてちゃんと納得して別れたいと思って、何度も連絡してしまいました。

    そうすると彼から『子供が熱を出してそれどころじゃない。連絡してこないで』というメッセージが。やっと来た連絡がこれで、不倫相手にとって一番大切なのは家族なんだと実感しました。辛いけどキッパリ諦めようと思います」(29歳/女性/事務職員)

    いつかは別れが来るだろうと覚悟していても、突然の音信不通は辛いですね。家族が体調不良になったら、不倫相手との連絡よりも家族を優先する男性がほとんどでしょう。これによって相手の男性に家族がいることを痛感する女性も多いのです。