アルコールオナニーのやり方&注意点【必見】女性に危険なワケとは?

オナニーと言えば男性がするものというイメージがありますが、女性でも美容によいからと毎日オナニーする「オナニスト」はいます。そんなオナニー上級者を虜にするのが、アルコールオナニー。今回は、アルコールオナニーのやり方と注意点を徹底検証。特に女性にとっては危険なようです。そのワケも解説しますので、熟読してくださいね。

  • そもそも「アルコールオナニー」とは?

    男女共に、オナニーをする人は多いことでしょう。そんなオナニーに、アルコールを用いる「アルコールオナニー」という方法があるのをご存知でしょうか。

    おそらく、聞いたことがないという人が大半だと思います。そこで今回は、どのようにアルコールを用いてオナニーをするのかを徹底解説します。「頭の中が真っ白になるほど気持ちいい」と感じる人もいると言われるこのオナニー法ですが、女性にとっては危険な側面もあるようです。その注意点もあわせてご覧ください。

    基本的には男性向けのオナニー方法


    アルコールオナニーとは、オナニーの際の必需品とも言えるローションと一緒に、アルコールを用いて行うオナニーのことを言います。

    アルコールを混ぜたローションをオナホールに入れて挿入することで、直接性器からアルコールを吸収させるのが特徴。そのため、基本的には男性向けのオナニー方法です。

    アルコールオナニーしたい!女性も工夫次第では可能


    ローションとアルコールを使用してオナニーをするのがアルコールオナニーですので、基本的には男性向けではあるものの、女性も工夫次第ではアルコールオナニーをすることは可能です。

    もともと女性は、オナニーをすることで女性ホルモンの分泌が盛んになり、お肌がきれいになったりと美容面で効果を発揮することがわかっているのだとか。したがって、美容のためにオナニーを日課にしている人も少なくありません。

    女性だって、これまで感じたことがない快感をもたらしてくれるオナニーがしたいもの。けれど、アルコールオナニーはあくまでも男性向けの方法ですので、女性の場合は「工夫次第では可能」という程度に考えておくことが大事です。
  • 必見!アルコールオナニーのやり方について

    アルコールオナニーは基本的に男性向けの方法であり、女性が実行するには注意点をしっかり把握して工夫する必要がある、ということをお伝えしました。そこでここからは、どのようにアルコールオナニーをするのか、その具体的なやり方についてご紹介します。あとで紹介する注意点にも、必ず目を通してくださいね。

    これが基本!ローションとお酒を混ぜる


    基本的に、アルコールオナニーに適しているのは男性です。そのため、まず用意するのはローションとお酒、そしてオナホール。これだけで強烈な快感を感じるオナニーができるとなれば、やってみたくなるのも無理はありませんよね。

    作り方の基本は、容器にローションとお酒を混ぜるだけと、いたって簡単です。ただ、お酒の量が多く、ローションが少ないとサラサラした手触りになり、オナニーに適したヌルヌル感が得られません。

    多めにお酒を入れると刺激が強くなりすぎてしまうので、ローションが多めでお酒は少なめがベストです。

    男性はオナホールに垂らして使用する


    そもそも男性向けのオナニー方法である、アルコールオナニー。アルコール入りローションができたら、これをオナホールに垂らします。お酒は少なめ、ローションは多めで作ったアルコール入りローションをたっぷりオナホールに入れると、愛液に溢れた女性器のように感じられるでしょう。

    お酒が入っていますので、最初は性器をお酒の刺激に慣らすように、ゆっくりと動かします。そのうちペニスが熱を持ち、じんじんと刺激を感じてきますので、ここでピストン運動を早めれば、かなりの快感を得られるはずです。

    女性の場合はバイブやディルドに垂らしてもOK


    女性の場合は、できるだけお酒の度数を低めに、そして量を少なくしてアルコール入りローションを作りましょう。膣内部全体で吸収しますので、お酒の量が多いと危険なことも増えるからです。

    女性の場合はオナホールではなく、バイブやディルドにアルコール入りローションを垂らし、ゆっくり挿入します。お酒の入ったローションに慣れるため、挿入後はゆっくり動かすのがポイント。お酒の刺激で感じてきたら、お好みのペースで楽しんでみましょう。

    セックスの前戯に!オナニーの見せ合いっこも?


    最近は、口に含んでも大丈夫なローションも多く販売されています。こうしたローションにお酒を混ぜることで、舐めても大丈夫なアルコールオナニーローションに。

    セックスの際の前戯の一つに、このアルコー入りローションを用いるのもいいでしょう。舐めても大丈夫なローションを男性が口に含んで女性をクンニすると女性器が刺激され、愛液の分泌量がいつにも増して多くなるはず。

    一方、女性も男性器にたっぷりローションをつけ、フェラをしてあげると喜ばれるでしょう。いつもより大きく、たくましくなるかもしれませんね。あるいは、お互いにオナニーの見せ合いっこをするのも刺激的です。