久しぶりのメールはなんて書けばいい?【関係別】ポイントも解説!

多くの人と繋がりが生まれる中で、疎遠になってしまうこともあるもの。気になる人と連絡を取りたいなら、メールを送ってみましょう。けれど、久しぶりのメールになんて書けばいいかわからない人は多いかも?今回は久しぶりのメールの書き方のポイントを、関係別にご紹介します。

  • 久しぶりのメールってどう送ればいいの?

    それまでは仲良くしていたのに、何となく付き合いが途絶えてしまった経験がある人は多いでしょう。もしもまだ相手のアドレスを知っているなら、メールで連絡を取ってみるのも一つの手。とはいえ、久しぶりにメールを送るとなると、これが意外とむずかしいものです。

    そこで、まずは久しぶりのメールはどうやって送るかから、考えていきましょう。

    具体的にどのくらい?「久しぶり」の期間とは


    久しぶりに何かをするというのは、日常生活にはよくあることですよね。けれど、そもそも久しぶりとは、具体的にどのくらいの期間を言うのでしょうか。

    どこからが久しぶりになるかのカギを握るのが、これまでの付き合い方です。毎日会っていたのなら、2~3日会わないだけでも久しぶりという感じになるでしょう。一方で、月に一度会うくらいの人であれば、ひと月ちょっと間があいたくらいでは、それほど久しぶりという感じにならないのでは?

    そう考えると、これまでの付き合い方がどうだったかが、久しぶりの期間を測るものさしになるといえるでしょう。

    相手との関係性によって送る文面を変えるのは必須


    手紙にしても電話にしても、相手との関係性によって内容を変えますよね。これは、メールにも当てはまります。

    友人や好きな人にビジネス向けのメールを送ると、「ふざけているのかな?」と思われるでしょう。その反対に、ビジネスの取引相手に気軽なメールを送れば、「いったいどういうつもりだ!」と怒られかねません。

    気軽なコミュニケーションツールのメールだからこそ、相手との関係性をしっかりと踏まえた文面にすることは必須です。