二の腕にボディタッチする男性心理とは?本気度の見抜き方も解説!

「二の腕にボディタッチしてくる男がいる…」「あれってどういうつもりなの?」と疑問に思っていませんか?手や肩ならともかく、二の腕って微妙な場所ですから、どういう心理なのか分かりませんよね。そこでこの記事では、二の腕にボディタッチしてくる男性心理を徹底解説します!

  • 二の腕にボディタッチする意味とは?

    男性が二の腕にボディタッチしてきたら、一瞬びっくりしますよね。そういうとき、男性は一体どういうつもりなのでしょうか。

    二の腕へのボディタッチ=好意がある


    男性が女性の二の腕のボディタッチする場合、それは好意の表れかも。というのも、二の腕を触るのは結構リスキーだからです。

    手なら握手などで触れることがあるでしょうし、肩なら後ろから話しかけたりするときに触るかもしれません。しかし、二の腕って普通は触りませんよね。普通は触らないところに触れれば、セクハラ扱いされかねません。

    そんなリスクを承知で二の腕にボディタッチをしてくるということは、それだけあなたと距離を縮めたい証拠。あるいは、触っても怒られないという信頼感があるのかもしれません。

    どんな好意かは人による


    ただ、一口に好意と言ってもその実態はさまざまです。異性として純粋に仲良くなりたい場合もあれば、下心の類かもしれません。

    実際、下心で二の腕を触りたい男性は少なくないといわれています。柔らかいので触り心地がいいわけですね。本当は胸やお尻を触りたくても、実際にそこに触れればセクハラになりますので、ギリギリセーフっぽい二の腕に触るわけです。
  • 二の腕にボディタッチする男性心理

    男性が二の腕にボディタッチしてくるとき、その心理状態はいろんなパターンが考えられます。ということで、詳しく見ていきましょう。

    ただ単に触るのが気持ちいい


    単純に触り心地がいいから触りたいという場合もあります。下心があるかどうかは関係なく、柔らかいものを触りたいのです。

    男性の二の腕は女性の二の腕ほど柔らかくありません。たくましい人であれば筋肉の塊でしょうし、そうでない人でもあまり脂肪はつきません。それに対して女性の二の腕は柔らかいので、興味があるのです。女性が、たくましい男性の腕を触って見たくなるのと似たような心境と言えるでしょう。

    ただ、この場合でもある程度下心が混じっていることはあります。そもそも男性が女性の胸やお尻を好きなのも「柔らかいから」ですよね。自分にない柔らかさを求める気持ちと下心は切っても切れない関係にありそうです。

    脈ありかどうか確かめている


    実は、二の腕にボディタッチすること自体が目的ではない可能性があります。では何が目的なのかというと、二の腕にボディタッチした結果、女性がどう反応するかを確かめることです。

    もし女性が嫌がるようなら、男性は脈なしと判断するでしょう。しかしそうでないなら自分が受け入れられていると思い、脈ありだと判断します。

    そのため、本当は嫌なのに渋々我慢していたら、脈ありだと勘違いされることになるかも。嫌だったらちゃんと言った方がよさそうですね。

    下心がある


    太ももや腰ほどではないにせよ、二の腕を触る際は下心が隠れている可能性があります。手先や肩と比べて普段は触りにくい場所ですから、性的に興味があるのです。

    男性からそんな目で二の腕を見られているなんて信じがたいところですが、実は二の腕の柔らかさは胸とだいたい同じだといわれています。もしかしたら、男性の中では二の腕は胸の代わりになっているのかもしれませんね。

    嫌でない相手から二の腕にボディタッチされるのなら良いでしょうが、そうでない相手に触られたら拒絶したほうがよさそうです。性的な興味を満たすターゲットだと思われているかもしれません。

    癒されたい


    疲れたときって、何か柔らかいものを触りたくなりませんか?たとえばクッションを抱きしめたり、犬や猫を撫でまわしたりしたくなる人は多いはず。

    このことから分かるように、疲れていると柔らかいものに触れて癒されたくなるもの。これと同じ心理で二の腕にボディタッチしてくる男性もいるようです。ある意味、あなたに甘えているのかもしれませんね。