大好きな人と結婚はしないべき?そのワケに迫ってみた!【女性必見】

  • 二番目に好きな人と結婚したときのメリット

    これまでにご紹介した事柄は、「結婚は大好きな人とするもの」と考えていた女性にとって、衝撃的な事実だったのではないでしょうか。では、二番目に好きな人との結婚はどうなのでしょう?

    二番目に好きな人と結婚した場合に得られるメリットを解説していきます。

    結婚してから好きになることがある


    二番目に好きな人との結婚では、結婚後にさらに相手を好きになる可能性があります。二番目の人に対しては、「好き」という気持ちにまだ伸びしろがある状態。結婚した後にピークを迎えることもあり得るでしょう。

    ただの「好き」が、結婚後には「大好き」になる可能性があるということです。生活を共にし、様々な問題を乗り越えながら好きな気持ちが大きくなっていったとしたら、強い絆も生まれるでしょう。

    一緒にいて楽


    大好きな人との結婚とは違い、気を張る必要もなく求めることも多くはないため、一緒にいて楽に感じられるのがメリットでしょう。結婚生活とは、つまり日常のこと。そんな日常では、素を出せたり気楽な方が精神的に落ち着きますよね。

    ホッとできる場所であるはずの家が、大好きな人との結婚では息苦しく感じることもあります。「きちんと女らしくしてなきゃ!」「料理にも毎日こだわらないと!」と自分に厳しくなる人もいるでしょう。

    その点、相手が二番目に好きな人であれば、そこまでプレッシャーを感じることがありません。落ち着く環境や関係を作りやすいのは、結婚生活においてメリットですよね。

    不安に感じることが少ない


    二番目に好きな人との結婚は、不安い感じることが少ないのもメリット。大好きな人との結婚は、「浮気してたらどうしよう」「私のこと好きなのかな」と不安に感じることが多いです。しかし、二番目に好きな人だとそこまでの心配や不安を持ちにくいでしょう。

    なぜなら、相手への関心度が低くいからです。大好きな人との結婚でそうした不安を抱えるのは、相手を強く意識しているから。二番目に好きな人には適度な意識を保てます。

    これは、夫婦の距離感に関係してきます。距離感を適度にキープできれば、衝突を防ぐこともできます。

    思われている方が安心できる


    結婚では、思われている方が安心できます。二番目に好きな相手にとって、あなたが一番好きな相手だとしたら、尽くしてくれたり思いを伝えてくれるでしょう。それが安心に変わるのです。

    冒頭でもお話したように、恋愛に刺激を求める女性は多いですが、結婚では安心を求める傾向にあります。仕事が終わったら真っすぐ帰ってきてくれる、一緒に休日を過ごせるといった行動をしてくれるのは、自分を一番に思ってくれる男性の方が多いです。

    逆に、大好きな人と結婚して自分が追う側になってしまうと、我慢することが多いと感じるでしょう。
  • 二番目に好きな人と結婚したときのデメリット

    もちろん、二番目に好きな人と結婚した場合には、大好きな人との結婚には見られないようなデメリットもあります。

    ここで、二番目に好きな人と結婚したときのデメリットも見ておきましょう。

    大好きだった人を忘れられないことも


    大好きな人と結婚しなかったことで、結婚後もその人を忘れられないというデメリットがあるでしょう。

    ふとした時に「大好きな人と結婚してたらどうだったのかな…」と考えたりして、心のどこかに大好きな人が存在し続けてしまうのです。

    これは、二番目に好きな人に対して失礼であり、場合によっては裏切りともなるデメリット。ただ、結婚相手に対しての思いが次第に大好きな人への気持ちを上回れば、問題ないでしょう。

    壁に当たったとき乗り越えられるかわからない


    二番目に好きな人と結婚すると、結婚生活が壁に当たったときに乗り越えられるかどうか自信が持てないかもしれません。これは大きなデメリットでしょう。

    大好きな人との結婚は、「相手のために」「相手を失わないように」という思いが強いため、困難があっても立ち向かえる強さがあるでしょう。しかし、二番目に好きな人との結婚では、そうした強い思いを持ちにくく、途中で諦めたり投げやりになってしまうこともあるのです。

    結婚生活は長いですよね。当然、壁に当たってしまうこともあります。そんな時に乗り越えられる強さがなければ、一生一緒にいることが容易ではなくなってくるでしょう。

    求められることが多くなるかも


    大好きな人との結婚では、相手に求めることが多くなるでしょう。一方、二番目に好きな人との結婚では、それが逆転することが多いです。

    相手の思いの方が強いとなれば、あなたに期待したり求めてくることが増えるでしょう。「こうして、ああして」と言われすぎてしまえば、窮屈に感じたり疲れてしまいます。

    また「どこに行ってるの?」「早く帰ってきてね」といった束縛を受ける可能性も否めません。求められることで安心感を得ることはできますが、窮屈な思いすることもあるでしょう。

    楽過ぎて女性らしさがなくなることも


    二番目に好きな人との結婚は、一緒にいて楽というメリットがある反面、楽過ぎて女性らしさを失ってしまうというデメリットもあります。

    素でいる自分、着飾らない自分でも好きと言ってくれる男性がそばにいると、徐々に女としての向上心がなくなっていくのです。すると、メイクをしなくなったり髪がボサボサだったりと、だらしなくなることもあります。

    その点では、大好きな人との結婚はいつまでも美意識を高く持っていられると言えるでしょう。