大好きな人と結婚はしないべき?そのワケに迫ってみた!【女性必見】

あなたは一番好きな人と結婚したいですか?それとも、一番好きではないけれど自分を一番に思ってくれる人と結婚したいでしょうか?今回は、大好きな人との結婚が幸せか、それとも二番目に好きな人との結婚が幸せかを検証!大好きな人と結婚しない方がいいと言われる理由にも迫ります。

  • 「大好きな人と結婚したい」は間違いって本当?

    「大好きな人と結婚したい」と思うことは間違っているのでしょうか?

    今回は、結婚は大好きな人としない方がいいと言われる理由に迫っていきます。

    恋愛と結婚は違う


    なぜ「大好きな人と結婚したい」が間違っていると言われるのか気になりますよね。その大きな理由は、「恋愛と結婚は違うから」でしょう。

    よく恋愛と結婚は別物と聞きますよね。結婚は恋愛の時と同じようにはいかない、結婚を恋愛の延長と捉えているとうまくいかない、などと言われます。

    それは、恋愛と結婚では環境や状況、過ごす時間や関わり方が異なるからでしょう。そのため、恋愛でうまくいっても結婚ではうまくいかないなんてことが起こるのです。

    「大好きな彼と結婚したい!」と考えている人は、一度ここで恋愛と結婚の違いに目を向けてみましょう。

    二番目に好きな人と結婚した方が良い説がある


    これもまたよく耳にしますよね。「二番目に好きな人と結婚した方が良い」という説です。

    この説が囁かれるのはなぜかというと、一番大好きな人とではなく、二番目に好きな人と結婚した方が良いとされる理由があるから。二番目に好きな人と結婚すれば、大好きな人に向けるような強すぎる愛情や、求めすぎる愛情が緩和されるから、といったメリットがあるからです。

    この「二番目に好きな人と結婚した方が良い」と言われるわけを、メリットと共にのちほど詳しく解説していきます。

    結婚は思うよりも思われる方が良いという説も


    結婚では、思うよりも思われる方が幸せになれるという説もあります。これは「二番目に好きな人と結婚した方が良い」と同じような意味でしょう。

    結婚とは違い、恋愛にはドキドキや刺激を求める人が多いです。そんな刺激には、不安や不満、衝突も含まれるため、仮に「追う恋愛」になったとしても楽しむことができます。

    しかし結婚には、多くの女性が「安定」「安心」を求めるようになります。すると、恋愛にあったドキドキや刺激は不要なものになるのです。

    このことから、思われる結婚が良いとされるのでしょうね。思われて安心と安定が手に入ると、幸せを感じる人が多くなるのです。