両想いになれる確率とは?両想いになる確率UPの方法も徹底紹介!

  • 好きな人と両想いになる確率を上げる方法

    両想いになれる確率が今は低いとしても、先ほどもお伝えしたように、人の気持ちは変わります。そのため、好きな人と両想いになる確率も変わると考えられます。

    努力をしても必ず報われるとはいえませんが、少しでも想いを届けて相手との距離を縮めることができれば、両想いになる確率を自分で上げることも可能です。

    では、どうすれば確率を上げることができるのか、その方法をご紹介しましょう。

    好きな人の話を覚えておく


    何とも思っていなかった相手でも、自分が言ったことを覚えていてくれたら嬉しいものです。そのため、好きな人の話はしっかり聞いて覚えておくといいでしょう。

    意識しなくても、好きな人のことを知りたい、覚えておきたいという気持ちは、自然と湧くものですよね。覚えていることを相手にも伝えることで、自分の話をちゃんと聞いてくれていた女性として好感を持たれるでしょう。

    意識して相手の名前を呼ぶようにする


    「○○くん」「○○さん」など、名前を呼びながら会話すると、相手との距離がグッと縮まります。もし会話する機会に恵まれたら、意識して名前を呼ぶようにするといいでしょう。

    好きな人の名前を呼ぶと思うと照れる人もいるかもしれませんが、幸せなことですよね。名前を呼ぶだけでも好意がこもってしまうかもしれません。さりげなくアピールする効果もありそうです。

    積極的に話しかける


    相手との距離を縮めることが両想いへの確率を上げる秘訣だと考えられますので、少しでも関わる機会を増やすために積極的に話しかけましょう。

    頻繁に話しかけるだけでも、相手は「好意を持ってくれているのかな?」と感じて意識するようになるかもしれません。会話ができると相手のことを知るチャンスも増えますし、自分のことも知ってもらえますね。

    好きな人の前では笑顔で優しくふるまう


    特に恋愛感情を抱いていなくても、笑顔で優しく接してくれる女性には好感を持つ男性がほとんどです。そのため、まずは好感を持ってもらうためにも、笑顔や優しい言動を心がけるといいでしょう。

    「いい子だな」と思うことから始まり、女性として意識して好きになるというパターンは多いです。とにかくいい印象を与えまくって、両想いの確率をUPさせましょう。

    親しくなれたら弱い部分も見せる


    好きな人の前はいい女でいたいがために、頑張っていいところを見せようとしがちです。もちろん好印象を与えることは大切ですが、男性は女性が見せる隙や弱さに惹かれるということも覚えておきましょう。

    親しくなってきたら、ダメな部分や弱いところも見せていいのです。その方が、「可愛いな」「守ってあげたい」などと男心をくすぐり、両想いへの確率も上がるはずです。

    好きな人にだけ特別扱いをする


    優しくしたり積極的に話しかけるのが、自分に対してだけだと気付くと、「もしかして自分のことを…?」とほとんどの人が好意を察知するでしょう。そのため、好きな人にだけわかりやすく特別扱いをするのは効果的です。

    自分に好意を持ってくれたことがきっかけで、相手を好きになるパターンは多いです。さりげなく好意をアピールすれば、両想いの確率を上げることができるのではないでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)