両想いになれる確率とは?両想いになる確率UPの方法も徹底紹介!

好きな人と両想いになれたら幸せですが、「両想いになれる確率って、一体どのくらいなの?」と気になる女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、両想いになれる確率について解説するとともに、どうすれば確率を上げることができるのか、その方法も伝授します。

  • 好きな人と両想いになれる確率ってどのくらいなの?

    恋人ができるのは当たり前のように思われがちですが、そもそも好きな人と両想いになれなければ、付き合うことはできないですよね。そう考えると、両想いになれるのは奇跡のような気がしてきませんか?

    これだけたくさんの男女がいる中で、自分が想いを寄せる相手が自分のことを好きになってくれる確率は、決して高いとは思えません。でも、元々は知り合いですらなかった二人が両想いになることもあるのですから、確率が低くても可能性はあると言えるでしょう。

    そして、両想いになる確率は自分次第で上げることもできるのです。この記事では、両想いになれる確率について学ぶとともに、両想いの確率UP法についてもご紹介します。片想い中の人も、今は好きな人がいない人も、ぜひ参考にして下さい。
  • 両想いになれる確率は奇跡レベル?

    男女が両想いになれるのは奇跡のようだと表現しましたが、なぜ両想いになる確率が高くないといえるのでしょうか。それは、両想いになるためには二つの要素が重なり合うことが必要だからです。

    まずは、自分が誰かを好きにならなければ始まりませんよね。そして、その相手が自分のことを好きになってくれなければなりません。自分の気持ちと相手の気持ちがぴったり合って初めて両想いになれるのです。そう考えると、奇跡レベルの確率といえるでしょう。

    そもそも出会える確率が低い


    誰かを好きになること自体も、簡単ではありません。そのような人と出会える確率も決して高くはないのです。出会いがない、好きな人ができないと何年も嘆いている人が少なくないように、そもそも好きな人がいるという状況を作ることも難しいのです。

    恋ができる相手を見つけることができなければ、両想いどころか片想いすらできないですからね。

    片想いや一目惚れは実らないことが多い


    また、好きな人ができたとしても、両想いになるまでが厳しい道のりです。まず、一目惚れで好きになった場合、最初から相手との温度差がある状態になってしまいます。どうしても好意のアピールが一方的になりがちで、相手の気持ちがついてこないパターンに陥りがち。

    また、長年片想いを続けている人も、そこから両想いにこぎつけるのは難しいでしょう。なぜなら、相手が自分を想ってくれていれば、今頃片想いの状態にはなっていないからです。

    なかには粘り勝ちする人もいますが、実らずに終わってしまうことの方が実際は多いのです。

    両想いになれるのはほんのわずかな人だけ


    そもそも好きになれる人と出会う確率が低く、出会えたとしても片想いのまま実らないことが多いと考えると、両想いになれるのはわずかな人ということになりますね。

    失恋の経験のある人ならわかると思いますが、自分がいくら相手を想っていてもその気持ちが伝わらなかったり、伝わっても受け入れてもらえなかったりすることがあります。自分と同じように相手にも好きになってもらうのは、難しいことなのです。

    努力すれば両想いになれるとは限らない


    「でも、好きになってもらえるよう努力すればいいのでは?」「相手を想い続けているうちに振り向いてくれるはず」と思う人もいるかもしれませんね。

    もちろん、相手を想い続け、好きになってもらえるよう努力することで、両想いになれるケースもあります。でも、必ず両想いになれるというわけでもありません。結局、好きになるのは感情ですので、いくら想われても努力してくれても好きになれないということはあるのです。