会社をずる休みする時の言い訳は?注意すべき点も紹介【社会人必見】

  • 会社をずる休みした後の注意点

    会社をずる休みをした日は、ずる休みがバレないような行動をしなければなりません。そうでなければ、ずる休みだと言うことがバレてしまう可能性があるから。

    そこで、会社をずる休みしたときに嘘だとバレないようにするために、気を付けることを紹介します。

    休んだ理由と矛盾しない言動を


    「下痢で休んだはずなのに、ジョギングをしているところを見られた」や「車の修理でお休みしているはずなのに、ドライブしているところを見られた」なんてことになったら大変です。

    また、「頭痛で起き上がれないほど辛い」と言っていたのに、SNSを何回も更新し、そのことが会社に知られたら、ずる休みだとバレてしまうことに。

    そのようなことがないように、会社を休んだ理由と矛盾しない言動をすることが大切なのです。

    会社を休んだ日は外出を控える


    本当に体調不良で休むときは、一日中家で寝ていたり受診のために少し外出したりするぐらいで、家で静かに過ごすという人が大半のはず。体調不良の時に、外へ遊びに行こうという気力は無いですからね。

    ずる休みをして、時間をもてあましてしまったからと外に出かけるのはやめましょう。外で元気な姿を、同僚などに見られてしまうと後が大変です。

    そのため、体調不良などの言い訳で、会社をずる休みした場合も本当に体調不良で休んだときと同じように外出を控え、家でおとなしくしていた方がよいのです。

    ずる休みのことは口外しない


    ずる休みしたことは口外しないことが賢明です。例え、信頼できる同僚だったとしても口外すべきではありません。何かの拍子に口が滑ると言う可能性がないわけではないのですから。

    いったん、自分の口から発したことは、口止めしても広まっていくと思っていた方が良いでしょう。そのため、ずる休みしたことは、絶対口外しないように気を付けましょう。

    ずる休みが癖にならないように気を付ける


    ずる休みをする前は、ドキドキしてバレないかな?などと、色々考えることもあるでしょう。しかし、自分が想像していたよりも、思いの外簡単にずる休みすることが出来てしまうと、味を占めてしまい、またすぐにずる休みをしたくなる可能性があります。

    ずる休みは、頻繁にするものではありません。ずる休みをすることが癖になると、会社に行くこと自体が嫌になってしまうことも考えられます。

    頻繁にずる休みをしたくなったり会社が嫌になったりしないようにするためにも、一度ずる休みをしたら、休んだ翌日からはしっかり働き、ずる休みが癖にならないように気を付けましょう。