会社をずる休みする時の言い訳は?注意すべき点も紹介【社会人必見】

  • 会社をずる休みする言い訳《前日編》

    会社を休みたいと思うのは、その日の朝だけではありませんよね。前日など、事前から「会社を休みたい」と考えているとき、どのように会社に言い訳したらいいのでしょう。

    そこで、前日から会社をずる休みしようと計画を立てているときに使える、上手な言い訳について紹介していきます。

    遠い親戚の「葬式」


    親戚の葬式は、堂々と休むことが出来る理由のひとつ。大切な人やお世話になった人とのお別れは、気持ちを込めて行うものですよね。そのため、親戚の葬式があるとなれば会社としても快く、お休みを許可してくれるでしょう。

    ずる休みの場合に、親戚の葬式という言い訳を使うと、比較的すんなりとお休みをもらうことができるでしょう。また、「遠くの親戚」がどのくらい遠い親戚か、会社としても確認のしようがありませんので、ずる休みをするにはもってこいの言い訳となるのです。

    言い訳だとバレにくい「法事」


    「法事」も「葬式」と同様に、ずる休みしやすい言い訳となります。「法事」の場合、すでに亡くなっている方を弔う為の行事ですから、入社前に亡くなっている方については確認の取りようがありません。

    また、前回遠い親戚の「葬式」という言い訳でずる休みした延長で、その方の「法事」という言い方をすると、自然な流れで休みをもらうこともできるはず。

    ただ「法事」ともなると命日ではなく、親戚一同が集まりやすい土日に日をずらして行われることもあります。そのため、土日が休みの会社に勤めている人ではなく、平日休みの会社に勤めている人が使いやすい言い訳となるでしょう。

    実は今朝から体調不良のため「明日受診」


    これは、明日、仮病でお休みをしたい時の言い訳のひとつ。疑われずに上手に休むためには、今朝から咳や鼻水、微熱、悪寒と言った症状が出ていることをアピールする必要があります。その上で、明日受診したいことを伝えましょう。

    会社側は、実際にあなたが体調不良でしんどい思いをしながら、頑張って業務をこなしていると理解してくれるので、快くお休みをもらうことができるのです。

    間違っても、「今朝から体調不良で…」と言いながら、元気なそぶりを見せてしまうことがないよう注意しましょう。

    車の「トラブル」


    車のトラブルも早急に直したい案件ですよね。車がないと生活に困る地域に住んでいるなら、なおのこと。

    そのため、「どことなく車の調子が悪い感じがする。今日はなんとかなりそうだけど、心配なので、明日、点検や修理してもらう」と伝えておけば、翌日すんなり休むことが出来るはず。

    車の不備で事故やトラブルが起きては大変です。そのため、会社としてもメンテナンスはちゃんとしておいた方がいいよと、休みを快諾してくれることでしょう。

    紛失等による様々な「手続き」


    例えば、「無くした財布の中にキャッシュカードやクレジットカードが入っていた」や「免許証を落としてしまった」と言うときなど、早急に手続きをする必要がありますよね。

    キャッシュカードなどは、悪用される可能性がありますので、気がついたときに止める手続きをすることになるでしょう。

    キャッシュカードやクレジットカード、免許証の正式な紛失届や再発行をする時は、銀行や免許センター足を運び、書類を作成などをしなければなりません。

    そのため、「紛失したカードや免許証の再発行の手続きを早急に行いたいので」と言えば、会社もすんなりお休みさせてくれるはずです。

    業者に予約済み「水漏れ修理」


    家で水漏れがあると、大変ですよね。例えば、アパートなどに住んでいたとしたらどうでしょう。水漏れが続けば、いずれ下の階の方に迷惑をかけてしまうことに繋がります。

    また、水道代も馬鹿にならない金額になってしまうことでしょう。そのため、なるべく早く水漏れの修理に来てもらわなければなりません。

    水漏れに気がついたのが夜で、水漏れ修理の業者に依頼したら、「明日でなければ修理できない」と言われたから予約してしまったと言えば、会社も仕方が無いと思ってくれるはず。

    人に迷惑をかける可能性がある、どうしようもない理由なら言い訳として用いやすいと言えるでしょう。