手を振るのは好意の表れ?パターン別の女性心理&手を振る時の注意点

誰かと別れる時はもちろん、会った時にも手を振るという人は多いのではないでしょうか。人から手を振られて、うれしく感じた経験のある人も多いはず。今回は、手を振る際の女性心理をパターン別に徹底解説します。手を振る時の注意点や、手を振る夢に隠された心理もまとめました。

  • 手を振る行為にはどんな意味がある?

    普段、人と会った時に何気なくしているのが、手を振るという行為。けれど、実は手を振る行為には意味があります。まずは、手を振る行為に込められた意味を見ていきましょう。

    「手を振る」=好意の表れと考えていい


    手を振るという動作は、別れる時におこなうことが多いものの、会った時にもしますよね。特に女性は、デートの時に男性よりも後に来ることが多いので「ごめん、待った~?」などと言い、手を振りながら近づくこともあるでしょう。

    実は手を振る行為には、相手に本心を明かすという意味があります。手品やギャンブルなどでは、しばしば手の内を明かすと言いますよね。

    これは、真実を明らかにするということ。つまり、相手に本心を明かすということは好意の表れであり、相手をよく思っていると考えていいでしょう。

    本人も気づいていない心理が隠されていることも?


    手を振ると言っても、さまざまな手の振り方があります。ただ、どんな手の振り方をするにしても、相手に手のひらを見せるという点は変わりませんよね。相手に手の甲を向けて手を振る人は、滅多にいないはず。

    相手に手の内をあかすという意味を持っているとなれば、自分も気づいていない心理が隠れているかもしれません。そこで、職場の同僚や友人など、手を振る相手とそうでない相手がいるかどうか、改めて考えてみましょう。

    もし、手を振る人がいる一方で、手を振らない相手がいる場合、手を振らない人に対しては無意識に「あの人は苦手」という心理が隠れている可能性があります。