28歳で処女が恥ずかしい理由は?アラサー処女が上手に恋愛する方法

  • もう28歳!アラサー処女になってしまった原因

    どうして28歳を迎えるまで処女であり続けたのでしょうか。その理由として、主に次のようなことが考えられます。自分に当てはまる原因はないかじっくり考えることで、処女に対する考え方も変わってくるでしょう。

    男性に対する理想が高い


    28歳まで処女を貫いてしまった原因は、あなたの男性に対する理想の高さにあるかもしれません。女性はある一定レベルの理想を男性に求めるものですが、その理想が高ければ高いほど、処女を長引かせる原因になります。

    例えば「男性はこうあるべき」という理想を抱えていると、それを叶えてくれる男性が現れるまで望んだような恋愛はできないでしょう。これによってセックスからも遠ざかってしまうので、結果として処女のまま年齢を重ねてしまうのです。

    男性に対して理想を持つことは大切ですが、その理想が高すぎれば自分の首を絞めることになります。男性に対し理想があるなら、今一度その理想について見直すべきでしょう。

    恋愛に興味がない


    28歳を迎えるまで、恋愛に対して興味がなかった人もいるでしょう。たとえば、20歳を超えても恋愛に興味が持てないと、他の女性と比べて恋愛やセックスのスタートがそれだけ遅くなります。スタートで出遅れると、当然処女のままで過ごす期間も長くなっていきます。

    恋愛に興味を持つようになって、すぐに恋人が見つかれば良いですが、全ての女性がそう簡単に彼氏をゲットできるわけではありません。だからこそ、28歳になっても処女であり続ける女性がちらほらと見受けられるのです。恋愛への興味が持てない期間が長ければ長いだけ、処女を保ち続けることになります。

    また、中には28歳だけど独り身でいい、これからも恋をすることがないと思っている人もいるでしょう。しかし、人生は何が起こるか分かりません。30歳を迎えた時、大恋愛を果たす可能性もあります。その時に、経験不足を後悔する可能性もあるでしょう。

    セックスに嫌悪感や理想を持ちすぎている


    女性は恋愛に対して理想を持ちやすい傾向があります。セックスに対しても「こうであるべき」「こんなセックスがしたい」と望みを持っている人もいるでしょう。また「こんなセックスは嫌」「性行為自体が嫌い」といった嫌悪感を持つ人もいますよね。

    こうした嫌悪感や理想を持ちすぎていると、結果として処女を長引かせるでしょう。セックスに対して余計な抵抗感や警戒心を抱く原因になるので、いざセックスする場面になっても「嫌だ」「こんなんじゃない」という気持ちが強くなってしまうのです。

    特にセックスに対して高い理想を持っていると、挿入までの流れだけで幻滅することも多いでしょう。このせいで挿入前にセックスが終わり、結果として処女であり続けることになるのです。

    純情すぎる


    28歳まで処女を貫いている原因として、あなたが純情すぎることも考えられます。例えば、セックスは結婚を前提にした関係でないとしてはいけないなど、真面目過ぎる考えは持っていないでしょうか?こうした考えは決して悪いものではありませんが、結婚を前提にした関係にならない限り、処女を捨て去ることができません。

    恋愛やセックスに対して純情で真面目な考えを持つことも大切ですが、それを重視しすぎると、28歳を超えても処女であり続けることに。28歳から短期間で処女卒業を目指すなら、純情すぎる考え方は邪魔になります。セックスや恋愛に対するハードルを下げないと、いつまでたっても処女を卒業することは叶わないでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)