都合のいい女はもうやめる! 逆転して愛され女子になる方法【必見】

彼の近くにいたいからと、無理して合わせたり犠牲になるようなことはしてないですか?あなたのその気遣いや遠慮が逆にあなたを「都合のいい女」にさせてしまっているかもしれません。この記事では、何をどう改善すれば都合のいい女をやめることができるのかについてご紹介!愛され女子を目指しましょう。

  • 都合のいい女はもう嫌!やめるにはどうすべき?

    好きな人がいると、どんな形であっても近くにいたい…そう思ってしまう女性は少なくありません。ただ、そうした思いから生まれる言動によって「都合のいい女」になってしまっている女性は多いです。

    都合のいい女をやめたい人は、どのようにすれば都合のいい女を脱出し本命の女となれるのでしょうか。都合のいい女をやめる方法をご紹介します。

    そもそも「都合のいい女」とは?


    「都合のいい女」と一言で言っても、どんな女性のことかいまいちピンと来ないという人もいるでしょう。初めに、そもそも都合のいい女がどういう女性のことを指すのかご説明しましょう。

    都合のいい女とは、ずばり“男性の思うがままの女”です。必要としている時に与えてくれる、自分の都合に合わせてくれる、不要な時は突き放す、といった男の身勝手をすべて受け入れてくれる存在が都合のいい女。そこに女性の思いや考えは取り入れられず、すべてが男性中心の恋愛となるのです。

    どんな形でもそばに居たい…という女性は、好きな人が構ってくれるだけでも嬉しく感じてしまうため、こうした都合のいい女という立場になってしまいがち。都合のいい女のままでは、男性の本命になれないだけでなく、本当の幸せも掴めないのです。

    都合のいい女だと自覚がない女性も…


    男性にとって都合のいい女でありながらも、自分が都合のいい女と思われていること自体に気付けていない女性もいます。鈍感と言えばそうかもしれませんが、そのほとんどが「好き」という気持ちで気付けなくなっているのです。

    好きという思いが強いと、「一緒にいたい」「少しでも会いたい」「必要とされたい」という欲が出るでしょう。いくら都合のいい女として見られていても、その欲が満たされ幸せに感じられるために自覚しにくいのです。しかしその幸せは、錯覚によるものだと気付くべき。

    都合のいい女でいる以上、本気で相手に向き合ってもらえません。ここで気付き、今すぐ都合のいい女をやめるべきでしょう。

    都合のいい女になるかは自分次第!


    好きな男性にとって、都合のいい女になるかはあなた次第。あなたの一つ一つの言動次第で、都合のいい女になるかならないかが決まります。

    つまり、男性は初めから女性を「都合のいい女」として見ているのではありません。女性のリアクション、行動、発言から「この子は使える」「本命としてはナシ」と思って都合のいい女に降格させているのです。ということは、都合のいい女をやめるには自身の努力や改善が必須なことが分かりますよね。

    都合いい女をやめるには、自分のどこをどう改善していけばいいのか、今回しっかりと把握していくことにしましょう!