諦めるべき恋の特徴とは?頑張るべき恋との違いと片思いを諦める方法

  • 恋を諦めた女性のエピソード集

    この項目では、恋を諦めた女性のエピソードをご紹介していきます。気持ちでは分かっているけれど、なかなか諦められないという人は、ぜひ参考にしてみてください。きっとヒントが見つかるはずですよ。

    好きな人が別の女性と結婚したから


    「その人が他の女性と結婚したことで諦めました。ここで諦めなかったら、ずっと辛い思いが続くから。最初は悲しかったけど、踏ん切りがついてからは早かったですね」(26歳/女性)

    好きな人が別の女性と結婚したら、諦めざるを得ないですよね。一度踏ん切りをつけてしまえば、あとは時間が経つのを待つばかりですね。

    アプローチしても脈なしとわかったから


    「何度かアプローチしたけど、脈なしって判断しました。引きずったら辛いと思ったんで、毎日予定作って忘れました!」(24歳/女性)

    この女性は、脈なしの判断材料があったのでしょう。そこでキッパリと諦め、予定を入れて忙しく過ごしたのが良かったのでしょう。

    「ここまでやったら諦める」と決めていた


    「自分なりに『ここまでやったら諦める』と決めて頑張りました。結果は惨敗!でも、お陰でサッパリ諦められました」(22歳/女性)

    とても歯切れのいい行動でしたね。自分なりに納得いくまで頑張れたのではないでしょうか。引きずらなくて良かったですね。

    相手からはっきり「ない」と言われた


    「思い切って告白した時に、相手からはっきりと『ない』と言われて。『ない』っていう言葉は私にはとてもショックでしたが、でもその言葉があったから、彼のことを諦めることができました」(21歳/女性)

    「ない」という言葉に、相手からのはっきりした拒否の気持ちが表れていたのでしょう。ショックは大きかったでしょうけれど、その結果、踏ん切りをつけることに繋がったのでしょうね。