諦めるべき恋の特徴とは?頑張るべき恋との違いと片思いを諦める方法

  • 恋を諦めるタイミングはいつ?

    諦めるべき恋、頑張るべき恋を紹介してきましたが、ここでは、恋を諦めるべきタイミングはいつなのかを解説していきましょう。ポキッと自分の心が折れた時、その恋を諦めようと思う人がほとんどでしょう。ですが、その時がベストとは限りませんよね。次の項目をぜひ参考にしてください。

    半年以上の長期間片思いが続いている


    半年以上という長期間に渡って片思いが続いているのであれば、恋を諦めるべきかもしれません。たとえば、今の時点で8ヶ月も片思いしているから、正直もう辛い…という思いがあるのであれば、告白の有無は関係なく、諦めるのも選択肢の一つでしょう。

    もしも告白をしないで長期間片思いを続けてきたなら、それ相応の理由があるはず。これ以上は精神的にも負担がかかるので、今が恋を諦めるタイミングと言わざるを得ないでしょう。

    何度デートに誘っても断られる


    片思いの相手を何度となくデートに誘っているけれど、一度も応じてくれたことがないという状況なら、その恋は諦めるべきかもしれません。

    毎回デートに応じてもらえないなら、それが相手の気持ちなのだと判断ができますよね。目安としては、3回以上続けて断られるようでしたら、踏ん切りをつけてもいいタイミングだと解釈しましょう。

    追いかけることに疲れてしまった


    何があったというわけではなくても、あなた自身が追いかけることに疲れてしまったら、その時が恋を諦めるタイミングでしょう。当たり前のことですが、恋する気持ちは自分の感情です。

    そこに疲れを感じてしまったら、それ以上その人を好きでいることはできませんよね。無理してまでも片思いを貫く理由がなくなってしまうので、スパッと諦めるのも一つの決断でしょう。

    自分なりに満足した時


    これまで片思いを続けてきたけれど、自分なりにやるだけのことをやったと満足できたら、その恋を諦めるのもいいでしょう。結果がどうあれ、自分が納得できているのですから、これ以上のことはないと判断し、決断してもいいのではないでしょうか。

    他の異性が気になりだした


    片思いの相手だけでなく、なんとなく他の異性も気になりだしたなら、片思いの恋には終止符を打ってもいいタイミングでしょう。この場合、強くおすすめしたいのは、自分のことを「いい加減な人間だ」と思わないこと。

    これまでの片思いがうまくいかなかったのですから、他の異性が気になるのは当たり前のことです。次に進もうとする自分の気持ちに正直に、片思いの恋はキッパリ諦めましょう。