諦めるべき恋の特徴とは?頑張るべき恋との違いと片思いを諦める方法

  • 諦めるべき恋の特徴とは

    最初の項目では、諦めるべき恋についてご説明していきましょう。叶わない片思いだとなんとなく理解していても、最終的に判断するのは自分です。でも、諦めるべきかがんばるべきかの線引きが分からないために、踏ん切るのが難しいのではないでしょうか。次で挙げることを参考にし、一つの目安としてみることをおすすめします。

    ただの意地で片思いをしている


    ただの意地で、ずっと片思いを続けているという人も中にはいるでしょう。相手のことがどのくらい好きか分からなくなってしまったけれど、長期間片思いをしていることで、諦めることができなくなってしまったケースです。

    この「意地でなんとなく」という片思いほど、踏ん切りをつけることが難しい片思いはありません。なぜならこの場合の片思いは、相手ではなく「片思いしている自分」に依存しているから。

    ですから今一度、相手のどこが好きなのか見つめ直してみてください。ここという部分が見つからなかった場合、その片思いは諦めるべきなのかもしれません。

    相手に恋人がいる


    人を好きになってしまうことは、どうしようもないことではあります。ですが相手に恋人がいる場合は、諦めるべき恋と言わざるを得ません。

    その相手が恋人と別れるまで待つという選択もないわけではありませんが、それではいつになるか分からないし、リスクが大き過ぎます。可能性はゼロでないにしても、その時が来るまで待つのであれば、諦めた方が得策といえるでしょう。

    こちらからの連絡にまったく応答がない


    何度となく電話やLINEをしても、片思い相手からまったく応答がない場合は、諦めるべきかもしれません。電話やLINEなら、あなたから連絡があったことは相手も重々承知のはず。にもかかわらず、折り返しがないようなら「脈なし」と判断してもいいのではないでしょうか。

    相手も応答や折り返しをしないことで、気持ちをアピールしている可能性もあります。あなたの気持ちを知っているからこそ、あえて応答しないのかもしれません。

    何度か告白したけれど、毎回断られている


    数回、数十回と告白しているけれど、毎回はっきり断られているようであれば、その片思いは諦めるべき恋といってもいいでしょう。この場合、「あなたの気持ちには応えられない」という相手の意思がきちんと感じられますよね。なので潔く諦める決断をすべきではないでしょうか。

    避けられている


    片思い相手があなたのことを避けていると感じたら、その恋は諦めるべきかもしれません。ただし、一つの目安として、避けられているようだけど、電話やLINEなら応答してくれるのであれば「好き避け」の可能性もあります。

    しかし連絡にも一切応じず、顔を合わせることも避けるようであれば、相手からの「気持ちに応えられない」アピールである可能性もあるでしょう。

    相手に好きな人がいることを知った


    あなたがその人に片思いしているように、その相手も誰かに片思いしているという事実を知ったら、その時は諦めるのが賢明でしょう。その気持ちはあなた自身が一番理解できるはず。誰かに片思いをしている時は、他の人が入り込む隙間はないでしょう。