同級生との結婚ってうまくいく?メリット・デメリットと注意点を解説

同級生との結婚と聞くと、「友達みたいで楽しそう」「思い出がたくさんあって仲がよさそう」などと想像する人もいるでしょう。同じ時代を過ごした二人が結婚するのですから、すてきな毎日が期待できそうです。しかし、本当にいいことばかりなのでしょうか。そこで今回は、「同級生との結婚」を深掘りしてみました。

  • 同級生との結婚ってどんな感じ?

    男女が恋人同士になり結婚に至るまでには、色々なパターンがありますよね。職場で親しくなり恋人から結婚に発展するケースや、合コンやナンパがきっかけで結婚に至るなど、さまざまです。

    きっかけはどんな形であったとしても、恋人という関係から絆を深め「この人だ!」と思ったら、最終的に行き着くゴールは「結婚」ということになるでしょう。

    今回の記事では、結婚に至るたくさんのケースの中から、特に「同級生との結婚」にスポットを当て、徹底解説していきます。

    同級生と結婚する人が増えている


    最近の傾向として、同級生と結婚するケースがとても増えています。20代から50代の既婚者を対象にしたある調べによると、高校・大学の同級生同士で結婚したカップルは、20代だとおよそ20%。40代や50代では10%に満たない割合なので、同級生同士の結婚は増えていると言えるでしょう。ちなみに、20代のカップルでも中学の同級生だとグンと割合は減り、およそ5%未満だそうです。

    同級生との結婚が増えている理由は?


    中学の同級生との結婚は少ない印象ですが、高校・大学の同級生との結婚がおよそ20%弱とは、思ったよりも多い印象を受けますよね。なぜ高校・大学の同級生との結婚が多いのでしょうか。その理由の一つに、今の時代背景が関係しています。

    たとえば住んでいるところが遠く離れていても、今は誰でも携帯電話を持っているため、声だけならすぐにでも繋がることができます。その他、SNSの普及などもあり、同級生との縁が「なんとなく」切れない状態にあるのです。

    つまり「同窓会をしよう」などと誰かが言い出しても、比較的集まることが簡単で、そこから関係を深められる可能性が高まるのでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)