お風呂セックスのやり方・ポイントを解説!ハマること間違いなし?

  • お風呂セックスでおすすめの体位

    この項目では、お風呂セックスでおすすめの体位をご紹介していきます。普段あまりしない体位など、この機会にチャレンジしてみるのもおすすめです。注意点として、お風呂セックスは足場があまり良くないないので、しっかりと安全を確かめてから行うといいでしょう。

    立ちバック


    通常ベッドで行うセックスでは、バックまではするけれど、立ちバックまではなかなかしないというカップルが多いのではないでしょうか。

    お風呂セックスでは、どちらかというと寝転んでいることの方が少ないので、立ちバックに挑戦しやすいといえます。いきなり立ちバックからという刺激的なセックスも、お風呂セックスでは十分アリですよ。

    立かなえ


    「立ちかなえ」とはセックスの「四十八手」での呼び名です。お互いが向かい合わせで立ち、女性が片脚を上げて男性に持ってもらい、挿入する体位。いわゆる「立位」ですね。普段のセックスではあまりすることがないのではないでしょうか。

    男性の方は、この体位をAVなどでよく見かけるはずです。「彼女ともしてみたいなあ」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。挿入するのにコツが要りますが、立位なのでお風呂セックスには適しているでしょう。

    対面座位


    お風呂場にしっかりしたイスがあったり、また浴槽のヘリの高さが丁度いいようなら、座位もおすすめの体位です。ここでいう「対面座位」とは、男性が腰かけた状態に女性が向かい合わせて上に座り、挿入する体位。

    この体位は、男性器が女性器の奥まで入るので、強い快楽が得られます。一つ気を付けたいのは、男性の体勢をしっかりと安定させること。そして、なるべく女性の足先が床につく状態を保ちましょう。この二つができていないと、挿入はできても、うまくピストン運動することができません。

    背面座位


    前述の対面座位の、女性が後ろ向きになっているバージョンが「背面座位」です。男性の体勢は一緒で、女性だけがクルリと後ろ向きになります。この体位の良いところは、女性の脚が固定しやすいということ。目の前につかまる場所があれば、体勢としてとても安定した体位となるでしょう。

    そして男性の手による愛撫も、背面から自由できますよね。おっぱいや女性器にも手が届くはずなので、挿入しながらの愛撫が十分楽しめるでしょう。

    騎乗位


    お風呂場にウレタンのマットがあれば、男性を寝かせて女性が上にまたがる「騎乗位」もおすすめです。石鹸のヌルヌルなどをきちんと洗い流し、男性が右へ左へと動かない状態で行いましょう。

    ベッドでのセックスでは、あまり騎乗位を好まない彼女でも、お風呂セックスならチャレンジしてくれる可能性が高まりますよね。座位の流れから男性が寝転んで誘導すれば、そのままの状態で騎乗位が実現するのではないでしょうか。

    シックスナイン


    挿入はしませんが「シックスナイン」も、セックスにおける体位です。お互いが向かい合わせで、頭と脚を逆向きにし、オーラルセックスを楽しみます。お風呂場の床に寝転がれる状態なら、ぜひシックスナインを試みると良いでしょう。

    ちなみに48手では、女性が上に乗るシックスナインは「二つ巴」といい、男性が上に乗る場合は「椋鳥(むくどり)」と、名前が変わります。どちらのシックスナインでも構いませんが、お風呂セックスなら、男性が下になってあげる方が好ましいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)