お風呂セックスのやり方・ポイントを解説!ハマること間違いなし?

  • お風呂セックスのやり方・ポイント

    早速、お風呂セックスのやり方やポイントについてご紹介していきましょう。「いつものセックスと場所が違うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、体を包むお布団があるとないとでは、大きく違いがあります。次で挙げる項目をぜひ参考にしてみてください。

    お互いの身体を洗い合う


    二人でお風呂場に入ったら、まず最初にお互いの身体を洗い合いましょう。この行為は、セックス前に身体をキレイにすること以外に、興奮を高める愛撫の意味もあります。

    セックスは大体、男性主導で始めることが多いもの。ですが、お風呂セックスでは身体を洗い合うことができるので、女性からのアクションも自然に行えます。お風呂場に入ってから最初にする「身体を洗い合う」行為こそ、お風呂セックスの最大の醍醐味といえるでしょう。

    リラックスすると感度が増す


    セックスの場所をいつものベッドからお風呂場に変えると、最初はお互い真っ裸のため、程よい緊張感があります。しかし、お互いの身体を洗い合って数分経つと、逆に気持ちはリラックスしてくるはずです。

    リラックスするとちょっとした刺激にも集中できるので、感度が増していきます。これまで分からなかった、自分の気持ちいいポイントが見つかる方もいるでしょう。このように、精神的にも肉体的にもオープンになれるのが、お風呂セックスの良いところといえます。

    シャワーを使って攻める


    お風呂セックスのポイントとして、シャワーを活用できることが挙げられます。シャワーから出る細いお湯の刺激は、女性のおっぱいだけでなく、男性器にも有効。指や舌で行ういつもの愛撫とは、違った快楽が味わえます。

    水圧などを調整して、与える刺激に緩急をつけるといいかもしれません。くすぐったい刺激や、少し強めの刺激など、色んな気持ち良さを体感できます。シャワーなら「お湯」なので体が冷えることもなく、敏感な部分が傷付くことも避けられるでしょう。

    お互いに性欲が高まっている状態で


    大事なポイントとして覚えておきたいのは、お互いに性欲が高まっている状態でお風呂セックスに臨むということ。どちらかが気分が乗らない状態でお風呂セックスを行おうとすると、長い時間がかかって苦痛に感じてしまうことも。

    その他、お風呂セックスはベッドでのセックスと違い、しっかり準備してもすべての状態が完璧というわけではありません。時間が経てば身体も冷えてしまいますし、足場が悪く動きづらいというデメリットも否めません。

    なので「それでもいつもと違ったセックスをしよう」とお互いの意見が一致した時に行うことをおすすめします。

    いつものセックスより愛撫に時間をかける


    お風呂セックスでは、いつものセックスよりも愛撫に時間をかけるといいでしょう。通常のセックスでももちろん愛撫はすると思いますが、挿入がメインになりがちですよね。その時間配分を、お風呂セックスでは逆転させると、満足のいくセックスができます。

    なぜならお風呂セックスの場合、シチュエーションからして興奮が高まるスピードが速いから。いつもの流れで挿入してしまうと、あっという間にクライマックスを迎えてしまう可能性もあります。なので挿入までにたっぷり時間をかけ、愛撫することを意識しましょう。

    洗髪など、お風呂ですべきことは最後に


    細かいことではありますが、お風呂セックスが終わった後に、洗顔や洗髪などの仕上げをするようにしましょう。一番最初に身体だけはキレイに洗っているはずなので、通常お風呂ですべきことは、後回しにすることをおすすめします。

    お風呂セックスでは、汚れることを気にしないで、全身を使ってセックスしているはず。なので思わぬ部分が汚れている可能性もあります。特に女性の髪の毛など、サッと流しただけでは汚れが落ち切れていない場合もあるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)