若作りおばさんの特徴や男性の本音を丸ハダカ!若々しく見せる方法も

  • 参考にしたい!いつまでも若々しい女性芸能人

    「若作り」と「若々しさ」の違いが分かってきました。しかし、若々しい女性と言われても、あまりイメージが湧かない人もいるでしょう。そこで、いつまでも若々しい女性芸能人をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

    安達祐実


    子役で大ブレイクした安達祐実さんも、なんとアラフォー世代なのだとか!子役のイメージから抜け出せずに一時期は苦労したようですが、実力派女優として根強い人気を保っています。

    童顔の可愛らしい顔の影響もありますが、とてもアラフォー世代の子持ち主婦だとは思えません。安達祐実さんの参考にしたいところは、自分の良さを知っているところでしょう。

    彼女は子供時代から黒髪を貫いており、メイクも常にナチュラルです。童顔ですので、奇抜なファッションやメイクは浮いてしまうと自覚があるのかもしれません。

    安達祐実さんが「若作り」だとまったく言われないのは、セルフプロデュースがしっかりできていることが大きいのですね。

    椎名林檎


    20歳で華々しくデビューした、シンガーソングライターの椎名林檎さんも、もう40代の女性です。整った顔立ちが印象的で、ショートボブに猫目アイラインが彼女の象徴でもあります。

    クールな顔立ちということもあり、若い時からカラーメイクはあまりしない傾向にあるようです。派手さを求められるシンガーの世界ですが、彼女はアイメイクもナチュラルで、切れ長の目をしっかりと生かしています。

    自分の良さを最大限に引き出すメイクを確立しているためか、いくつになっても年齢を感じさせません。彼女のような自然体でいることが大事だと言えるでしょう。

    吉瀬美智子


    ショートカットがとても似合う女優の代表でもある吉瀬美智子さん。アラフォー世代の憧れの女性です。

    彼女は、若い頃はロングヘアで、メイクも今のようなナチュラルメイクではありませんでした。若い頃、試行錯誤しながら、今の自分のスタイルを見つけたのでしょう。

    人気女優でも、10代20代は自分探しをするものなのです。そうして見つけた自分らしさを武器に、素敵なアラサー、アラフォー女性になっていくのですね。吉瀬美智子さんを見ていると、自分らしさを持っている女性は「若作り」とは言われないことが分かります。

    森高千里


    森高千里さんは、18歳でデビューした歌手で、若い頃はミニスカートが象徴的でもありました。奇抜で露出の高い衣装がとても話題になりましたね。その森高千里さんは、なんと今はアラフィフなことをご存知でしょうか。

    若い頃のメイクやファッションを今でもしていたら、単なる若作りの痛いおばさんとしか思ってもらえないでしょうが、彼女は今、とてもナチュラルなメイクやファッションをしています。

    やはり、年相応のメイクやファッションをすることで、「若作り」の印象を与えることなく、素敵な若々しい女性になれるのですね。今の自分の良さを大切にしていきましょう。