若作りおばさんの特徴や男性の本音を丸ハダカ!若々しく見せる方法も

  • 若作りせず若く見せる方法はある?

    ここまで読んで「若作りと言われたい!」と思った女性は皆無だと思います。若作りすることなく、若々しさを出したい場合、どのような方法があるのか紹介していきましょう。

    若者の流行に飛びつかない


    流行りに敏感な女性は、むしろ素敵な女性だと言えるでしょう。しかし、無理して若い世代の流行りにもついていこうとしていませんか。10代の若者に人気のファッションブランドは、10代に似合うように作られています。10代の若者に流行っているメイク法は、10代の良さを生かせるものだと言えるでしょう。

    それなのに、30代40代以降の女性が同じようなことをしても、同じ見栄えにはならないでしょう。「単なる若作り」「若作りに必死な痛いおばさん」という印象にしかならないのです。

    30代40代以降の女性は、必死で流行りを追う世代ではありません。「自分の良さ」を知っているからこそ、流行りに左右されないのですね。

    自分の年齢に合わせた服装を


    10代は美しい肌を見せ、健康的に露出することも多いでしょう。また、原色や派手めのデザインも若さを表現するのに最適です。

    しかし、これらのファッションを30代40代の女性がしても、「無理して若作りをしている」という印象しか与えてくれないでしょう。

    落ち着いた色彩、シンプルなデザイン、露出がほとんどない洋服を着こなしている女性を見ると、年齢相応で好感度が高いですね。

    逆に言うと、このような落ち着いたファッションは、30代40代の女性こそが着こなせるファッションです。これからは、年齢相応のファッションで勝負してみましょう。

    ジム通いや食事管理で若さを保つ


    「無理をしている」「年齢を隠そうとしている」という部分が見え隠れした時に「若作り」「痛いおばさん」だと判断されてしまうケースが多いと言えるでしょう。

    それならば、いっそのこと体の内面から若さを保つように努力してみませんか。若作りではなく、本当に若さをキープするのです。

    適度な運動で体型をキープする、生活習慣を整えて健康管理をしっかりする、というだけでも必ず若々しさは出てくるでしょう。

    若々しさをキープする努力をしないまま、ただ年齢を隠そうとするから無理が出てきてしまうのです。

    ヘアケアやネイルなど、細かいところに気をつかう


    若く見られたいからと言って、派手なファッション、濃いめのメイクで若作りをする必要はありません。30代40代の女性には「さりげないオシャレ」がとても似合うものです。

    パサパサの傷んだ髪では実年齢より老けて見えますし、爪がボロボロだと清潔感もありません。ヘアケアで髪の美しさを保つ、ネイルなどで爪をケアするなど、さりげないオシャレを楽しみましょう。

    髪や爪は女性の象徴であり、若さの象徴でもあります。このような細かいところをケアできる女性ほど、素敵な女性だと言えるでしょう。