若作りおばさんの特徴や男性の本音を丸ハダカ!若々しく見せる方法も

  • 若作りしている女性と若々しい女性の違いとは

    若作りをしていると思われてしまうおばさんの特徴を見てきましたが、「自分もやってる…」とドキッとした女性もいるのではないでしょうか。「若作り」と思われてしまう女性と「若々しい」と思われる女性に分かれますが、いったいどのような点でイメージが分かれるのか、一緒に確認していきましょう。

    若々しい女性は内面がイキイキしている


    若作りをしている女性は、ただ年齢に逆らって無理をしているようにしか見えません。一方、若々しい女性は、今の自然体の自分を大事にしているため、無理をしている痛いおばさんには見られないでしょう。

    年齢を重ねていても今の自分を受け入れ、今の自分だからこそできることをしているのです。今の自分の良さを引き出そうと、本当に自分に必要な努力を重ねようとするため、内面がイキイキするのですね。

    常に前向きだからこそ「若々しい」「素敵」だと思われるのでしょう。

    自分の年齢を受け入れていて若作りする必要がない


    「おばさん」と呼ばれてショックを受けていませんか?また、おばさんになることを恐れていませんか?あなたが今の自分の年齢を「おばさん」だと思っているのなら、もう何をしても若作りになってしまうでしょう。

    40代くらいで素敵だなと思える女性芸能人を思い浮かべてみてください。歳を重ねた女性がみんなおばさんなのだとしたら、なぜその人のことを素敵だと感じるのでしょうか。

    女性として素敵かどうかは、年齢だけで決まるわけではないのです。大切なのは「今の年齢を受け入れているかどうか」なのです。いくつになっても素敵な女性を目指していきましょう。

    健康管理をしっかりしている


    年齢を重ねることを恐れていては始まりませんが、やはり人間の体は衰えるものです。若い頃は無理をして夜更かししても、すぐに体力が戻ったものですが、中年世代になると簡単に疲れは取れません。日焼けをしてもすぐに白くなった20代とは、肌年齢もまったく違います。

    若々しいイメージが欲しいなら、やはり健康管理は大切だと言えるでしょう。まず、生活習慣の乱れは天敵です。規則正しい生活を送り、健康的な食事内容にしましょう。また、適度な運動は体だけではなく、心にも良い影響を与えます。日々の生活の中に、意識的に運動を取り入れたいですね。

    若々しさは、心身ともに健康である女性だけに与えられた特権だと言って過言ではないでしょう。

    程よいオシャレをしている


    生活に追われて、身だしなみにまで気が回らない女性がたくさんと思いますが、どんなに歳を重ねても、オシャレを楽しむ心は持ちたいものです。実際、オシャレは女性のメンタルにも大きく影響することが分かっているのだとか。

    自分に自信がついて、積極的になったり気分が晴れやかになったりしますし、周囲からも「清潔感があるね」と好感を持たれることは間違いありません。

    しかし、オシャレをしたいからと言って「すべてシャネルでそろえる」「派手めのファッションをして目立つ」という単純な考えでは、「おばさんの若作り」だと言われてしまうでしょう。

    素敵な女性は、自分に必要最低限のオシャレを楽しんでいるものなのです。