若作りおばさんの特徴や男性の本音を丸ハダカ!若々しく見せる方法も

  • 若作りおばさんの特徴《服装》

    「若作りおばさん」と思われがちなメイク法を紹介してきましたが、今度はファッションについて考えていきます。若作りだと思われてしまう「おばさんファッション」には、どのようなものがあるのでしょうか。

    とにかくミニスカート


    スカートは女性の象徴であり、細い足がミニスカートから出ていると、何となく健康的で若々しい印象を与えるものです。しかし、ミニスカートをはいている女性が振り返った時、40代くらいの女性だったらどう思いますか?

    若い時代に、周囲から「足がきれい」と言われていた女性ほど、いつまでも足に自信があり、ミニスカートが手放せなくなってしまうのでしょう。きれいな足をキープするのは素晴らしいことです。

    しかし盲点があります。それは「肌」です。歳を重ねるごとに肌はたるみ、シワが増えてしまいます。足も膝が黒ずんでいたり、血管が浮き出てしまったりすることは避けられません。ミニスカートを履いて「足年齢」をさらけ出すと、若作りのイメージになってしまうのですね。

    露出が多い


    歳を重ねたからと言って「自分は老いている」と卑下する必要はありません。それどころか、いつまでも若々しい気持ちでいる女性もたくさんいるものです。

    しかし、いくら気持ちが若くても、若い世代と同じようなことをしていると「若作り」と言われてしまうでしょう。

    ノースリーブや、胸元が大きく開いた服などを着ていませんか。若い人は健康的に露出することができますし、また肌を適度に見せることでセクシーに見える効果も期待できるでしょう。

    しかし中年女性になると、健康的には見えません。それ以上大人っぽく見せる必要がないのに、セクシーさを全面に押し出したところで「痛いおばさん」だと思われてしまうだけなのです。

    昔流行ったファッションをしている


    バブル時代にもてはやされ、いつまでも過去の栄光にすがってしまう女性もいます。前髪をカールしていたり、肩パッドの入ったスーツ系の洋服を着ていたりしていると、時代に取り残された痛いおばさんだと認識されてしまうでしょう。

    昔、洗練されていると思われていた紺ブレなども、時代遅れの象徴だと言えますね。自分が一番輝いていた時代のものを身に着けたい気持ちは分からなくないですが、やはり「今の自分」が分かっていないと、周囲には「無理やり若作りをしている痛いおばさん」と思われてしまうのです。

    カジュアル系が無難だと考えている


    堅苦しくないカジュアルファッションは、幅広い層で支持される傾向にあります。しかし、「とりあえずカジュアルにしとけば無難」だと思い込んでいないでしょうか。

    ジージャンをさりげなく羽織ったり、ジーパンを数本持って着まわしたりするのなら良いのですが、「ジーパン+Tシャツ+スニーカー」など、中年女性がする格好ではないものを選んでいないでしょうか。

    このコーディネートが悪いのではありませんが、「カジュアル系なら歳がバレない」「どんな年齢でも合う」と決めつけてしまうのは危険です。

    破れたジーパンや派手なプリントのTシャツなら、ますますまずいかもしれません。30代40代が似合うカジュアルコーデを見つけていきましょう。