付き合って3ヶ月で別れるカップルは多い?長く関係を続けるコツとは

  • 付き合って3ヶ月以降も関係を続けるコツ|前編

    では、付き合って3ヶ月で別れることがないよう、関係を続けるコツを見ていくことにしましょう。

    せっかく付き合えたのですから、長く仲良く一緒に居たいものですよね!どんなことに注意し、付き合って3ヶ月の壁を乗り越えればいいのか、必要なコツを見ていきましょう。

    感謝の言葉をいつも伝える


    付き合って3ヶ月で別れることがないよう、感謝の言葉をいつも伝えることを心がけるべきです。恋人にしてもらえていること、付き合えていることは当たり前ではありません。しっかりと「ありがとう」の言葉を伝えて、大事に思っていること、貴重だと感じていることを伝えましょう。

    感謝の思いや言葉も、付き合って3ヶ月頃になると失われていきます。慣れが出てきて「言わなくてもいいや」と思ってしまったり、してもらうこと・いることが当たり前になってくるからでしょう。

    特に自分のためにとしてくれていることがあるなら、感謝の言葉は伝えるべき。「いつも連絡くれてありがとう」「楽しませてくれてありがとう」と伝えると、恋人も「もっと頑張ろう」と思ってくれるでしょう。

    喧嘩ではなく話し合いをする


    相手と意見が違ったり要求に応じられないという場合は、喧嘩ではなく話し合いをするようにしましょう。感情的に自分の考えを相手にぶつけるのではなく、冷静に話し合いをすることで無駄な衝突は防げます。

    付き合って3ヶ月で別れるカップルは、自分の思いを相手に吐き出すだけになりがちです。それでは相手が不満に思うのも当然ですよね。

    意見をぶつけるという考え方ではなく、意見を交換するという形にするのがベスト。仮に自分の思い通りにならなかったとしても、聞いてもらえたという事実があるため、そこまでの不満になりません。そのためには、自身の感情をコントロールするという努力も欠かせないでしょう。

    相手の気持ちを尊重する


    付き合って3ヶ月で別れるカップルは、自分中心の見方をすることが多いです。「連絡が多くて鬱陶しい」と思うのではなく、なぜ連絡が多くなっているかを考えれば、相手の気持ちも見えてきます。不安だったり寂しさがあって連絡が多くなっているとしたら、まずはその思いを解消してあげる必要がありますよね。

    自分がこう思うからこうしよう、という考えでは別れる原因になってしまいます。なぜなのかと相手の気持ちと向き合い尊重する付き合い方をすれば、相手にもきっと思いやりが伝わるでしょう。

    多くを求めすぎない


    恋人と長く関係を保ちたいなら、相手に多くを求めすぎないこと。自分ができること、変われることは率先して自分を変えていく心掛けも必要になるでしょう。

    例えば、あまり会えずに寂しい思いをしている場合は、どうしても恋人に「もっと時間を作って」「すぐに連絡返して」と求めてしまいます。しかし、忙しい相手であればそれは無理なお願いに等しく、その頻度が多くなれば負担にもなってしまいますよね。

    こうした時は、自分にできることがないかを考えましょう。趣味を作って没頭してみるでも良いですし、友達と遊んで気を紛らわすことで寂しさを解消することもできます。

    あまり多くを相手に求めすぎないように気を付けないと、相手は窮屈な恋愛に感じてしまい別れることも考えてしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)