付き合って3ヶ月で別れるカップルは多い?長く関係を続けるコツとは

  • 付き合って3ヶ月で別れるカップルが多い理由|前編

    もう少し、付き合って3ヶ月で別れるカップルを掘り下げてみることにしましょう。

    付き合って3ヶ月で別れるカップルが多いのには、理由があるはずですよね。どんな理由があるのか、その理由から付き合って3ヶ月のカップルに訪れる問題点を確認していきましょう。

    別れる理由①マンネリ化してしまう


    付き合って3ヶ月で別れるカップルが多い理由に、「マンネリ化してしまう」があるでしょう。マンネリと聞くと、3年くらい付き合ったカップルに訪れる問題に感じがちですが、実は付き合って3ヶ月ほどで一度目のマンネリ化現象が訪れます。

    例えば、デートコースがだいたい決まってくる、連絡の取り方が一定になってくるなどですね。二人の“付き合い方”が定まってくることで、マンネリ化してきていると感じて別れるのです。

    初めの1ヶ月ほどはすべてが新鮮に感じられるものですが、何度も繰り返されてくると飽きてきてしまいます。デートの内容など、付き合い方を改めて見直す必要があると言えるでしょう。

    別れる理由②気持ちに温度差が生まれてしまう


    付き合って3ヶ月くらいになると、徐々に気持ちに温度差が生まれてしまうのも別れる理由の一つ。気持ちが高まっていく人もいれば、逆に落ち着いて冷めてくる人もいます。相手に対する熱に違いがあれば、関係はだんだんと悪い方向にいくでしょう。

    片方は気持ちが高まり、片方は冷めた状態となれば、求める側と求められる側という関係性が生まれます。求められる側は、相手の要求や期待を重く感じるようになり、さらに温度差は広がる一方です。

    性別の違いによっても、付き合ってからの気持ちの変化に違いがあります。ちょうど付き合って3ヶ月頃、温度差が一番大きくなりがち。その差を埋められずに別れるのです。

    別れる理由③恋人の欠点が見えてくる


    恋人の欠点が見えてくるのも、付き合って3ヶ月頃。人間誰にでも欠点となる部分があり、また価値観の違いなどによっても「嫌だな」と思うところがあるでしょう。好きな気持ちが高まっていた当初と比べて冷静になっているため、徐々に相手の欠点が浮き彫りになって見えてくるのです。

    「店員に対して横柄なところが嫌だな」「口調が荒っぽくなるところ嫌」といったように、一緒に過ごす機会が多くなってきているからこそ見えてくる欠点。一つ、また一つと欠点が見えてくることで、好きな気持ちをも上回り別れることもあるでしょう。

    別れる理由④価値観の違いに気付く


    好む連絡・デートの頻度、浮気のボーダーライン、物事に対する考え方など、価値観の違いに気付き出すのも付き合って3ヶ月頃でしょう。「あれ、ちょっと自分と違うな」と感じる状況が度々あると、価値観に違いがあると感じます。価値観が違うと、どちらかが相手に合わせなければならない状況も出てくるため、無理をする場面が増えてくるのです。

    好きな人といるはずなのにどこか疲れる、相手の考えが理解できないといった不満を持つようになり別れるカップルもいます。育った環境や交友関係などによって形成される価値観であるため、なかなか他の価値観を受け入れることができず別れることになってしまうのでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)