付き合って3ヶ月で別れるカップルは多い?長く関係を続けるコツとは

  • 付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴とは

    では初めに、付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴から見ていくことにしましょう。逆に言えば、別れるカップルの特徴を避けた付き合い方をすれば、付き合って3ヶ月の壁を上手く乗り越えられるかもしれません。

    どんなカップルだと、付き合って3ヶ月で別れるのでしょうか?

    別れる特徴①連絡をとりすぎている


    付き合えたことが嬉しくて、あるいは早く相手のことを知りたくて、連絡をとりすぎているカップルは付き合って3ヶ月ほどで別れることが多いです。

    連絡をとりあうことで、確かにお互いのことを知れ関係を深めることはできるでしょう。ただ、同時に嫌なところを見てしまったり、連絡が負担となってしまうこともあります。それにより、付き合って3ヶ月頃で好きな気持ちが薄れたり、疲れが出てきて別れるのでしょう。

    また、連絡のとりすぎによって「知り尽くした」ことで飽きが来て別れる人もいます。初めから飛ばし過ぎた恋愛は、その関係をキープしづらいのです。

    別れる特徴②出会いから付き合うまでが早かった


    「なんとなく流れで」「雰囲気が良かったから」などで付き合った場合、相手のことをあまり知らない内に付き合ったと言えます。出会いから付き合うまでの期間があまりにも早いと、後から「イメージと違う」「気持ちが変わった」となり別れることもあるでしょう。

    例えば、外見だけで相手を判断した場合ですね。好みの顔立ちだからと付き合ったものの、性格が想像と違う…となることもあります。また、話しが合わない、価値観が違うなど、一緒にいることで違いに気付くのが付き合って3ヶ月頃。「顔は好きだけど性格は嫌い」という理由で、別れる人もいるでしょう。

    別れる特徴③付き合って3ヶ月の間常に一緒にいる


    好きな人とは誰もが一緒にいたいと思うものです。ですが、毎日のように一緒に居すぎてしまえば当然飽きが来てしまいます。会っても会話が同じ、デートが同じでは楽しみも感じられなくなりますよね。

    このように、常に一緒にいるカップルも付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴です。お互いに激しく求め合ったことにより、冷める時も急激なスピード。相手に対する興味・思いをそのまま行動に移してしまうと、気持ちを長くキープできなくなってしまいます。

    そして一度冷めてしまった思いを再び元に戻すことは難しく、新たな魅力や刺激がないことには戻りにくく別れることになってしまうのです。

    付き合う=常に一緒にいること、という意識自体を改善する必要があるでしょう。

    別れる特徴④価値観に大きなズレがある


    価値観に大きなズレがあるカップルも、付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴です。元々の考え方や捉え方に違いがあるカップルですね。

    「気が合う」「一緒に居て楽しい」と思えていたとしても、それはどちらかが相手に合わせていられたおかげでしょう。一緒に過ごすようになり付き合って3ヶ月くらいになれば、どんどん合わせることに苦痛が伴います。「本当はこうしたいのに」「いつも聞いてばかりで疲れる」といった思いが生じるようになり別れることになるのです。

    特に連絡の頻度やデートの内容など、付き合う上で大切なポイントで価値観に大きな違いがあると、恋愛においてはかなりの問題点。予め確認していなかったり、相手に合わせすぎたことが原因でしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)