クリスマスのサプライズはどうする?彼氏が喜ぶ演出&NG演出まとめ

  • これはNG!彼氏に引かれるクリスマスサプライズ

    彼氏に喜んでもらいたい一心で、あっと驚くようなサプライズをプレゼントしたい気持ちもわかります。しかし、やりすぎは厳禁です。喜ばれるどころかドン引きさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。ここでは、彼氏に引かれがちなクリスマスサプライズを詳しく解説します。

    友達を巻き込んだサプライズ


    サプライズをしようと考えるときに注意しなければならないのが、サプライズの「規模」です。喜んでもらいたい一心で、規模を大きくしようとしてしまう人がいますが、友達まで巻き込んでしまうのはあまりおすすめできません。

    クリスマスは2人で過ごしたいと考えている男性も多く、せっかく2人きりになれると思って来たのに大勢いたとなれば、楽しみにしていた気持ちも冷めてしまうことでしょう。

    アポなしで彼氏の家に押しかける


    アポなしで彼氏の家に押しかけるのも、確かにサプライズにはなります。しかし、彼氏が喜んでくれるかと言えば、微妙なラインでしょう。会えないと知って予定を入れている可能性もありますし、家の中が片付いていない可能性もあります。

    いくら大好きな彼女が来てくれたからと言っても、手放しで喜べません。また、待ち伏せをしてサプライズをするのも同様に迷惑になる可能性が高いでしょう。

    金額が高すぎるプレゼント


    彼氏にプレゼントをサプライズするときは、金額にも注意するようにしましょう。もしも彼氏からのプレゼントよりも高価なものだったら、プライドを傷つけてしまう可能性があります。

    彼氏が欲しいと思っているものを事前にいくつかリサーチしておき、その中から自分たちの身の丈にあったものをプレゼントするのがおすすめです。

    手作りを身に付けるのが苦手な男性も


    一昔前とは違い、現代ではプレゼントを手作りする人も減少傾向にあります。そのため、手作りのプレゼントはかなりのサプライズになることでしょう。しかし、手作り感が満載だと引いてしまう男性も中にはいます。

    彼氏が手作りのプレゼントを望んでいるのであれば話は別ですが、特にそういった情報がない場合は避けた方が無難でしょう。
  • クリスマスサプライズを成功させるための注意点

    クリスマスにサプライズを決行するためには、数日前から念密に計画を立てておく必要があります。しかし、中には途中でバレてしまったり、バッチリだと思い込んでいた予定が狂ってしまったりする可能性もあるのです。ここでは、クリスマスサプライズを成功させるための注意点について詳しく解説します。

    彼氏の都合や好みを第一に考える


    クリスマスのサプライズを成功させるためには、彼氏の都合と好みを第一に考えることが大前提です。サプライズを決行しようとした日に彼氏が仕事では意味がありません。また、彼氏が絶対に好まないような場所でサプライズをしたところで、喜んでくれることはないと考えてください。

    プレゼントも同様に、彼氏の好みからかけ離れたものを贈っても身につけてくれる可能性は低いです。お金の無駄になってしまうため、事前のリサーチは欠かさないようにしましょう。

    プレゼントを購入する場合は細心の注意を


    「クリスマスプレゼントは何が欲しい?」と直接聞き、それに対して「ちょっと高すぎて買えないかな」等と答えて、実はサプライズで用意しておくという手もあります。

    しかし、当日になって渡そうと思ったら彼氏が欲しいと言っていたものを既に持っていて、自分で買ってしまっている可能性があるのです。確率としては低いのですが、この方法はできるだけ避けましょう。

    予定を詰め込みすぎない


    彼氏にサプライズをして楽しませようとして、あれもこれもと予定を詰め込みすぎるのもNGです。下見の段階では計画通りに事が進むかもしれませんが、クリスマス当日は街が人で溢れかえっているため、細かすぎる予定では時間通りに進めることができない可能性があります。

    1つ予定が狂ってしまうとパニックになり、サプライズが失敗に終わってしまうこともあるので、一生懸命になりすぎるのも注意が必要ですよ。

    サプライズが上手くいかなくても不機嫌にならない


    念入りに計画したサプライズでも、必ず成功するとは限りません。だからと言って、失敗したときに不機嫌になってしまえば、サプライズどころかせっかくのクリスマスが台無しです。

    彼氏からすれば、サプライズをしようとしてくれた気持ちが嬉しいのです。失敗する可能性がゼロではないことを頭の片隅に入れておき、バレてしまったときにも上手く対応するようにしましょう。