コンドームを口で付けるコツって?注意点やメリットも詳しく解説!

  • 口でコンドームを付ける方法

    ここからは、具体的に口でコンドームを付ける方法を紹介していきます。口でコンドームを付ける際には、傷つけないように気をつけることが大前提です。コンドームは薄く脆いものなので、傷をつけると使えなくなることを念頭においておきましょう。

    唇で空気を抜く


    コンドームを袋から優しく取り出したら、唇でまずコンドームの余計な空気を抜きましょう。この時に裏表をよく確認しないと失敗しやすいので、注意しながら扱います。また唇で空気を抜く際も、強く吸い過ぎないようにしましょう。

    コンドームに余計な空気が入っていると、口で扱いにくくなります。口で付ける難易度を下げるためにも、空気抜きは忘れずに行いましょう。なにより、こうすることでペニスにしっかりとフィットさせることができます。

    軽く空気を抜くことができたら、ペニスにつける準備は完了です。

    亀頭部分にキスするように置く


    通常、手で装着していく時と同じように、亀頭から根本にかけて徐々に下ろしていく方法は同じです。そのため口に咥えたコンドームを亀頭部分に置きますが、この時にキスするように優しく置くようにしましょう。

    ペニスもコンドームも繊細なものなので、雑に扱えば痛みを生む原因になります。せっかく口で付けてあげるのですから、痛みを与えないようにしたいですよね。そのためにも亀頭部分に優しくキスをするような感覚でそっと置いてあげましょう。亀頭とコンドームの真ん中が揃うようにして置くと、きれいに付けてあげられますよ。

    ペニスを引っ張り皮を巻き込まないようゴムを下ろす


    亀頭にコンドームを置くことができたら、今度はペニスを根元から軽く引っ張ります。そして唇を巧みに使ってコンドームを徐々に下へと下ろしていきましょう。この際にペニスを軽く引っ張るのは、ペニスの皮を巻き込まないためです。

    ペニスを引っ張らずにコンドームを下ろしてしまうと、男性によってはペニスの皮がコンドームに巻き込まれてしまいます。これでは痛みが出てしまい「やめて」といわれてしまう可能性も。なので、皮や陰毛を巻き込まないよう注意しながら下ろしましょう。

    また、唇だけ使っていると上手に下ろすことができないので、舌を使うことも忘れてはいけません。

    しっかり根本まで下ろす


    コンドームをある程度まで下ろすと、女性によっては慣れない作業に疲れてしまうこともあるでしょう。しかし根本までしっかり下ろさなければ、コンドームは意味を成しません。そのためしっかり根元まできちんと下ろしきるようにしましょう。

    口である程度下ろし終えたら、最後に男性にしっかりフィットできているか確認してもらうのもおすすめです。きちんとフィットしているかは本人にしか分かりません。

    男性に最後のチェックをしてもらうことで、コンドームによる事故やトラブルを防止することができます。互いにコンドーム装着に気を遣うことで、途中で外れるなどの事故を防ぐことができるでしょう。
  • 口でコンドームを付けられた男性の心理

    今度は、口でコンドームを付けられた男性の心理や本音について紹介しましょう。口で付けることによって男性がどんな気持ちになるのかを知れば、「やってあげたい」という意欲がもっと湧いてきます。

    これから実際に「やってあげようかな」と思っている女性は、男性の心理を知っておくと良いでしょう。

    男慣れしてる?と感じる


    「彼女がいきなり口でコンドームを付けてきたので、嬉しい反面、『意外と男慣れしてる?』って思ってしまった」(男性/33歳/会社員)

    口でコンドームを付けることは、決して簡単なことではありません。男性自身もそれを理解しているからこそ、彼女が難なく付けてしまうと「男慣れしている?」と思ってしまうのです。ムードを高めようとしてくれていることは理解できても、やはり「男慣れしているのでは?」と悲しくなってしまうのでしょう。

    そのため、口で付ける際には少し手間取った姿を見せた方が、彼に余計な心配をさせずに済みますよ。

    雰囲気が壊れないのでイイ!


    「ムードを壊さずに挿入することができるので、僕は大歓迎ですね。流れが途切れないから気分も萎えないですし」(男性/35歳/会社員)

    男性の中には、女性に口で付けてもらえるのは大歓迎という人もいます。コンドームを付ける作業は、どうしてもセックスの流れが中断させてしまいます。コンドーム装着に手間取れば手間取るほど、それまでの熱いムードがだんだん冷めていきます。

    しかしコンドームを女性から、しかも口で付けられたとあれば、気分は燃え上がる一方でしょう。男性はコンドームを自ら付けようとする女性の積極的な姿に興奮も覚えるので、普段よりも熱いセックスになるはずです。

    自分で付ける手間が省ける


    「自分で付けるのは少し苦手なので、彼女が口で付けてくれるなら、自分の手間が省けていいなって思います」(男性/21歳/大学生)

    コンドームは男性にとっても「手間」と感じるほど付けるのが難しいアイテムです。大切なアイテムなのはわかっていても、付けるのに時間がかかればストレスに繋がります。しかしそんな手間取るアイテムを、女性自ら付けてくれるなら大歓迎という男性は多いでしょう。

    また、この男性のように、自分でコンドームを付けることが苦手な男性だっています。こうした人にとって、女性が付けてくれるのはまさに願ったり叶ったりの事態でしょう。

    つけ忘れを防止できて互いのためになる


    「女性から口で付けてもらうことで、つけ忘れを防止できて互いのためになります。興奮するだけでなく、コンドーム忘れも防止できるって最高ですよね」(男性/27歳/会社員)

    コンドームを口で付けることの目的は、単に男性を興奮させるためだけではありません。互いがコンドームの装着忘れをしないため、という目的も兼ねているのです。女性が男性に見せつけるように口でコンドームを付けることで、互いに安心してセックスを続けることができるでしょう。

    また、カップルによってはパートナーがコンドームを嫌がる場合もありますよね。こうした場合でも雰囲気を壊さずに付けてもらうことができるので、相手に不快感を与えずに済みます。