コンドームを口で付けるコツって?注意点やメリットも詳しく解説!

口でコンドームを付けることができれば、彼氏をもっと喜ばせることができます。しかも、彼に喜んでもらえるだけでなく、女性にもメリットがあるのを知っていますか?口でコンドームを付けるためには練習が必要ですが、コツを知って上手に付けられるように練習しましょう!

  • コンドームを口で付けるのは難しい?

    挿入時に妊娠や性病の予防としてコンドームを使うカップルは多いですよね。そんな時に女性が口でコンドームをつけてあげると、男性はとても喜びます。しかし、実際のところ、口でコンドームをつけることは誰にでも可能なことなのでしょうか?

    お口で装着は初心者には難しいかも


    動画などでAV女優が口でコンドームをつけている姿を見たことがある人もいるでしょう。また「そんなことが自分にもできたらいいな」と思っている人もいますよね。しかし実際に口でコンドームを装着させるには、高いテクニックが必要です。

    コンドームを口で付けるためには、手で付けるのとは違い、唇と舌の感覚だけで装着しなければいけません。そのため上手に付けることができなかったり、時間がかかるせいで男性が待てなくなったりなど、デメリットも発生するでしょう。

    コツやテクニックが必要になるので、初心者がいきなり口で装着させようとしても、多くの場合は失敗に終わります。どうしても口でコンドームをつけてあげたいなら、それなりの練習が必要となるでしょう。

    ゴムによっては苦みを感じる場合も


    口でコンドームをつけられたらいいなと思う女性は多くても、実際につけられる女性はそれほど多くありません。テクニックを要するからというだけでなく、コンドーム自体の味に問題があるからです。

    一般的なコンドームは味や匂いがついていません。しかし原料がゴムなので、ゴム臭さや苦さを伴います。そのため、口に咥えると苦みを感じて吐き出してしまうことも多いのです。

    そうなると口でコンドームをつけることに抵抗が生まれるので、「口でつけてあげよう」という意欲が湧かなくなります。コンドームを口でつけるには、コンドームの味や匂いを克服することも必要なのです。