妊娠中のセックスはしていい?よくある疑問と気をつけるポイントとは

  • 妊娠中にセックスしない方がいいケースとは?

    妊娠中は母体を最優先にしなければならず、セックスしない方がいい、してはいけないケースがあります。少しでも不安があるときは無理をしないでやめましょう。ここであげる「セックスしない方がいいケース」に該当する人は、セックス以外でのスキンシップを取ることをおすすめします。

    医師から止められている場合


    もし、医師から切迫早産や前置胎盤といった診断を受け、なおかつ安静の指示が出されている場合は、セックスを控える必要があります。安易に動いてしまうと、万が一の事態にもなりかねません。

    自分で判断できない場合は遠慮せず、夫婦生活について医師に相談しましょう。自己判断はしないようにご注意ください。

    お腹の張りを感じたとき


    セックスの途中で少しでもお腹の張りを感じたら、すぐに中断をしましょう。そのまましばらく安静にして様子を見てください。また、行為の前にすでにお腹の張りを感じている場合も、セックスは避けた方がいいですね。

    もしお腹の張りが強まってしまったときには、早急に医療機関へ受診することをおすすめします。また、セックス後に子宮に違和感を覚えた場合も、早めに相談した方が安心です。

    早産や流産の経験がある人


    過去に早産または流産の経験がある人は、妊娠中のセックスについて医師に相談した方がいいですね。その時の状態によってはとくに問題にならないかもしれませんが、あらゆるリスクを考えておいた方がいいでしょう。医師の判断を受けた方が安心感を得られます。

    妊娠初期と臨月の人


    妊娠中のセックスは、母体と赤ちゃんの状態を優先して行うかどうか判断しましょう。とくに注意したいのが、妊娠初期と臨月の人です。妊娠初期は流産しやすい時期なので、激しいセックスや頻度を控えるのはもちろんですが、万が一のことがあれば自身を責めてしまう材料になってしまいます。

    精液の中に子宮の収縮を促す物質が含まれているため、臨月のセックスも控えましょう。お腹が大きく膨らめば、負担もかかってしまいます。夫婦で抱き合ってスキンシップを図る程度にとどめて、ぜひこれから迎える赤ちゃんを楽しみにしてください。

    双子以上を妊娠している人


    双子や三つ子以上の多胎妊娠をしている人も、妊娠中は母体への負担がかかりやすいのでご注意を。医師からはっきりとした制限がなくても、1度セックスについて相談をすることをおすすめします。

    気分が乗らない時


    夫からセックスに誘われても、気分が乗らない時は無理をしない方がいいです。つわりで乗り気になれない人、ホルモンの関係で性欲が落ちる人はたくさんいます。ただ、出産後の夫婦生活を考えると、ハグやキスだけでも夫婦のスキンシップを大切にしていきたいですね。夫婦それぞれ思いやった形でつながりを続けてみてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)