無性愛者ってどんな人?【診断つき】特徴や非性愛者との違いを解説!

男女という枠にとらわれないのは、もはや当り前の時代。その中でも増えてきているのが「無性愛者」です。今回は、あまり聞き慣れない無性愛者について徹底調査。「非性愛者」との違いや、診断の目安になるチェックリストなどもご紹介します。心当たりのある方は確認してみましょう!

  • 恋愛感情も性欲もない。私って無性愛者なの?

    「LGBT」や「LGBTQ+」といった言葉を見聞きする機会が少しずつ増えてきました。性的マイノリティの人たちを表す用語ですが、その中の一つに「無性愛者」と呼ばれる人々がいます。

    無性愛者という言葉を初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。実際のところ、ゲイやレズビアンと比べると、認知度はまだまだ低いと言っていいでしょう。どのような人なのか理解されにくいのが現状です。

    そこで今回は、無性愛者について理解を深めたい人や、「もしかして私は無性愛者かも」と感じている人のために、診断チェックリストを交えて解説します。非性愛者との違いにもご注目ください。
  • そもそも無性愛者ってどんな人のこと?

    「世の中には無性愛者と呼ばれる人たちが存在する」と言われても、たいていの人がピンとこないのではないでしょうか。耳慣れない言葉ということもあり、「そもそも無性愛者がどんな人なのかがわからない」という人がほとんどでしょう。

    そこでまずは、無性愛者とはどんな人のことなのかを説明します。

    恋愛感情や性的欲求がない人のこと


    無性愛者は、性的指向において極めて特殊な考えや感情を持っています。「無性愛者」という言葉から、愛という感情がないという印象を受ける人も多いでしょうが、愛情がないわけではありません。

    無性愛者が他と異なっているのは、主に性的なこと。相手に対して性的魅力を感じたり、恋愛対象として惹かれることがありません。つまり、性的行為に対する欲求がない、あるいは少ないのが特徴です。

    ただし程度には差があり、まったく性的欲求がなく完全に性行為をしない無性愛者もいれば、少ないとはいえ性的欲求を覚える無性愛者もいます。

    しかしながら、誰かに対して性的に惹かれる感情が湧かないために、恋愛感情をまったく理解できないのが大きな特徴です。

    海外では「アセクシャル」とも呼ばれる無性愛者


    人の性的指向はさまざまで、無性愛者の他にもたくさんの分類がされています。無性愛者は「アセクシャル」もしくは「アセクシュアル」と呼ばれ、恋愛感情と性的欲求を持たない性的指向の持ち主という定義です。

    そんな少数派の性的指向の持ち主は、セクシュアルマイノリティと呼ばれます。「マイノリティ」とは少数派という意味で、同性愛者のレズビアンとゲイ、男女のどちらも愛するバイセクシュアル、そして自認する性が身体的な性と異なるトランスジェンダーが代表的。これらの頭文字を取って、こうした人たちを「LGBT」と呼びます。

    無性愛者もLGBTに含まれますが、その中でも少数派のため、レズビアンやゲイであることを公にしている人が多い海外でも理解されにくいのが特徴です。

    無性愛者の割合は?


    LGBTに代表されるセクシュアルマイノリティの中でも、無性愛者の割合はかなり少なめです。国によって異なるものの、だいたい人口に占める割合は1~3%と言われています。

    日本の人口は、2020年2月の時点でおよそ1億2600万人。仮に1%だと考えた場合、無性愛者の人数は126万人です。3%として計算すると、378万人に増えます。

    この数字を見る限りでは、少数派といえどもかなりの人が無性愛者といえ、驚きを覚えた人も多いのではないでしょうか。

    無性愛者だと公言している芸能人・有名人/中村健


    最近、自分自身が性的指向におけるマイノリティであることを、はっきり公言する人が増えてきました。いわゆるカミングアウトと呼ばれるものですね。これまでは隠していたけれど、あえて公言することで、自分らしく生きたいという決意の表れとも言えるでしょう。

    無性愛者として公言しているのが、「なかけん」の愛称で知られるYouTuberの中村健さん。性的欲求を持たない無性愛者です。

    ただし、恋愛を嫌悪しているわけではないので、単なる無性愛者ではなく、「アロマンティック・アクセシャル」であると自らのチャンネルで語っています。そのため、通常は苦手とする恋愛話もできるのが特徴です。

    その他に公言している芸能人・有名人は?


    ティーン向けの雑誌でモデルを務める中山咲月さんも、無性愛者であることを公言しています。戸籍上の性別は女性ですが、容姿や服装は男性的なものを好むため、一見すると中性的な美男子という風貌です。

    自身の公式ブログで、無性愛について語っている中山咲月さん。本人のブログを読むことで、無性愛者とはどんな人なのか、どのように考えているかがより理解できるのではないでしょうか。

    さらに2018年には、町田市議会議員の東友美さんも無性愛者であることを告白。恋愛に使うエネルギーを別のところで使えるという主張は、彼女ならではと言えるでしょう。LGBTについて、政治的観点から考えられる貴重な存在でもあります。