初デートでランチに誘う男性心理とは?おすすめなお店も徹底解説!

あなたは男性との初デートでランチに行ったことはありますか?「初デートにランチって、ただの友達と思われてる?」と思う人もいますが、そんなことはありません。今回はランチデートに誘う男性心理をみていきましょう。また、おすすめのお店やデート中の注意点もお伝えします。

  • 初デートでランチに誘う男性心理とは

    初デートにあえてランチを選ぶ男性がいますが、女性的には脈なしなのかと気になるところですよね。そこでまずは、男性がランチデートに誘う心理をのぞいてみましょう。

    ランチの方が気軽に誘える


    男性が初デートでランチに誘う理由には、気軽に声をかけやすいということが挙げられます。男性は休日にデートに誘うときにまずは相手の都合を考えますが、夜よりも昼のほうが女性の予定が空いていることが多いからでしょう。

    あなたも休みの日に予定を入れるなら、午前中や夜のほうが多くはありませんか?なので比較的予定が空いているお昼のランチのほうが、「予定なければランチにでもいかない?」というように誘いやすいようですよ。

    ですので初デートでランチ=脈なしというわけではありませんので、安心してもいいでしょう。

    警戒されたくない


    初デートにディナーを選ぶと、待ち合わせは早くても18時頃。解散する時間が夜遅くになりますよね。そうなると警戒心の強い女性なら相手の男性に対して不信感を感じてしまい、「夜遅いから送るよ」という男性の気遣いですら怪しんでしまうのです。

    真剣に交際したい相手に不信感を持たれるのは男性としては悲しいことでしょう。なので真剣であればあるほど、意中の女性に警戒されないように明るいうちに帰らせてあげられるランチデートを選ぶようです。初デートでランチに誘うのは、男性なりの誠実さのアピールなのかもしれませんよ。

    明るいときに会ってみたい


    これは特に同じ職場や合コンで出会った男女に言えることですが、室内や暗い場所でしか会ったことのない相手だと、お日さまの下で会ってみたいと感じるようです。初デートではいつもと違った雰囲気の相手を見てみたいのでしょう。

    また休日のランチだと時間があるので、いつも生活している範囲から少し離れた場所に出かけることもできますよね。ランチの初デートには、お互いに普段見ることができない一面を見られるというメリットがあるのです。そう思うと、ランチデートも楽しそうだと思いませんか?

    断られる確率が低そう


    男性というのは恋愛においては意外とシャイで繊細なので、成功する確率が高くないとなかなか行動に移せないことが多いようです。初デートのお誘いも、「これならOKをもらえそう」という風に思えないと声をかけにくいそうですよ。

    そんな男性にとってランチのお誘いというのは、断られる確率が低そうで勇気を出しやすいのでしょう。万が一断られても「用事があったんだろう」と前向きに捉えれば、次回も声をかけやすいですよね。

    特に初デートのお誘いともなるとかなりの勇気が必要になるので、男性はできるだけ確実にOKをもらえるプランを考えているのです。

    ランチ後のプランを考えやすい


    初デートが成功するか失敗するかで、相手との今後の関係性も変わってきます。何としても成功して交際にまで発展させたいという男性は、食事の後のプランも綿密に練っていることでしょう。

    そのときにランチデートだと、その後の計画を立てやすいようです。例えば待ち合わせが12時頃だとしましょう。ゆっくり食事を済ませても14時頃なら、その後もいろいろと提案しやすいですよね。

    初デートのお誘いがランチだからといって、男性があなたに興味がないとは限りません。それどころか楽しいデートプランを考えてくれているかもしれませんよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)