彼氏にセフレ扱いされてる?関係の見極め方&本命になる方法を解説!

デートのたびにセックスする状況が続くと、自分は「セフレ」なのではないか…と不安になりますよね。この記事では、自分達の関係がセフレなのか本命なのかを見極める方法や、セフレ扱いされがちな女性の特徴、セフレから本命の彼女になる方法などを解説します。これを読めば、セフレを卒業して本命になれること間違いなしです!

  • セフレ?恋人?私たちの関係って一体なに?

    大好きな彼氏と付き合い始めたはいいものの、デートをすればセックスばかり…。こういうとき、自分は本当に恋人なのか、それともセフレなのか、悩んでしまいますよね。そこで今回は、本命かセフレかの見極め方を徹底解説します。

    また、併せてセフレから本命になる方法もご紹介します。たとえセフレだと発覚しても、本命になれるチャンスはあるのです。この記事をしっかり読んで、大好きな彼氏の本命になりましょう!

    そもそも「セフレ」とは


    そもそも「セフレ」とはどのような関係を指すのでしょうか?セフレとは「セックスフレンド」の略語で、簡単に言えばセックスをお互いに提供し合う関係のことです。基本的には、会ってセックスをするだけで、それ以上のことはしません。そこに恋愛感情や社会的責任は伴わないのです。

    性に対する考え方が昔より自由になった現在、本命の恋人の他にセフレがいる人も珍しくはありません。「浮気とは違うの?」と考える人もいるでしょう。浮気とセフレの違いは、恋愛感情があるかないかという点。セフレは恋愛感情がないからこそ成立する関係であり、デートや甘いセリフも、セックスの演出以外の場面では必要ないのです。

    曖昧な関係に悩む女性も多い


    実はセフレがいるという男性は意外とたくさんいます。その一方で、彼氏からセフレ扱いされているのではないかと悩む女性も多いのです。せっかく大好きな男性と付き合えても、セフレだと思われていたらショックですよね。

    また、セフレとして関係を始めても、いつの間にか恋愛感情が生まれてしまうパターンもあります。この場合、セフレという割り切った関係は続けられません。相手の男性に恋人になる気がなければ、そこで関係が終了してしまうのです。

    彼氏が自分のことをどのように考えているのかを知るためには、観察が重要。じっくりと彼氏の言動に注目して、セフレか本命かを見極めていきましょう。
  • 男性がセフレ扱いしている女性に取る言動

    男性は、相手がセフレか本命かで言動を変えているのです。ここでは、男性がセフレ扱いしている女性に取る言動をご紹介していきます。このような言動が見られたら、彼氏にとってあなたはセフレなのかもしれません。

    デートがワンパターンで必ずセックスする


    セフレ扱いしている女性に対しての1番わかりやすい言動は、デートがワンパターンで必ずセックスするというもの。本命彼女と付き合っている男性は、色々な場所にデートに行き、共有できる思い出をたくさん作ろうとするでしょう。

    一方、セフレとはセックスさえできればいいので、ワンパターンで必ずセックスをするデートになります。行き先が毎回彼氏の家であったりホテルであったりする場合は、要注意です。

    また、男性にとってセフレは都合のいい存在です。そのため、急に呼び出してデートしたがったり、セックスが終わったらすぐに帰りたがったりと、女性の予定や希望は尊重されない傾向にあります。

    アブノーマルなセックスを要求してくる


    男性の中には、アブノーマルな性癖を持っている人もいます。しかし、それを本命の彼女に伝えたら、引かれてしまったり嫌われてしまったりするかもしれないと考え、ノーマルなセックスをするに留めるのです。

    その点、セフレならば嫌われても替えがききます。そのため、セフレにはアブノーマルなセックスを要求するという人も。いきなりSMや複数プレイなどの特殊なプレイを求められたら、セフレ扱いされているのかもしれません。

    連絡が一方的


    セフレ扱いしている女性に対しては、連絡が一方的になりがちです。自分の用事があるときに、必要最低限の連絡だけしてきます。こちらから「おはよう」や「おやすみ」といった挨拶を送っても無反応ということも…。基本的に雑談のような連絡は取りません。

    また、セックスをしたいときに連絡をしてくるので、連絡が来る時間帯は夜が多いです。「今から会えない?」と言われたら、嬉しくなって会いに行ってしまう女性もいるでしょう。しかし、あなたは都合のいい女だと思われているかもしれません。

    友達を紹介してくれない


    友達を紹介してくれなかったら、それはセフレ扱いされている証拠かもしれません。男性は、本命の彼女であれば、自分の属するコミュニティに積極的に参加させようとします。彼女のことを自慢したいのでしょう。

    一方、セフレを自分のコミュニティに参加させることはまずないです。特に本命の彼女がいる男性の場合、セフレの存在を隠す必要があるため、決して知り合いに会わせるようなことはないでしょう。

    そのため、会うときは必ず2人きりで、他の人の目につかないところや、職場や学校から遠いところを指定される場合は、セフレ扱いされている可能性が高いです。

    自分のことを詳しく話さない


    一般的に、恋人同士になったら、お互いのことをもっと詳しく知りたいと考える人が多いです。しかし、相手がセフレの場合、男性は自分の情報をあまり出したがりません。自分の情報を明かさないことによって、別れた後にセフレに付きまとわれないようにしているのです。

    また、男性は基本的にセフレとの将来は考えていませんし、深い関係を持とうとも思っていません。そのため、自分のことを知らせないだけではなく、相手の女性のことも知ろうとしないです。セックスを楽しめればいいのですから、互いのパーソナリティを知る必要がないと考えているのでしょう。