元彼がストーカー化しない上手な別れ方とは?破局後の対策&対処法

  • 元彼をストーカー化させない別れ方

    恋人と別れるのには、エネルギーをかなり使います。しかし、面倒くさがって別れ方を失敗すると、元彼をストーカー化させる原因になります。

    元彼をストーカー化させないような別れ方ができれば、別れたあとに困ることもありません。ここからは、元彼がストーカー化しないような別れ方を一緒に学んでいきましょう。

    上手に別れることができるようになれば、あなたの恋愛スキルもレベルアップしますよ。

    一方的に別れを告げない


    元彼に一方的に別れを告げれば、納得いかないといってストーカーされます。今すぐにでも別れたい気持ちはわかりますが、伝え方は大切。

    元彼が納得するような別れを理由をしっかり伝え、元彼が別れたくない気持ちもしっかり汲むような様子を見せるほうがいいです。

    「あなたの気持ちもわかるし、何度も考えたんだけどごめんなさい……」と、別れの気持ちは揺らがないことをアピールしましょう。

    別れ話では相手を傷つけないよう配慮する


    別れ話で、相手を貶したり、悪く言うことは絶対にNG。相手を傷つけてしまうことで「認められたい」「悪い評価を挽回したい」と、逆に執着されてしまいます。

    別れ話を持ちかける側からすれば、もう改善してほしいことなどありませんよね。一刻も早く別れて、関わりを断ちたいのが本音。そのためには相手を悪く言うのではなく、淡々と別れたい気持ちを述べるのがいいです。

    別れの原因の所在を誰にも置かず、ただ「もう付き合ってはいけない」「誰のせいでもない」といった内容を伝えていきましょう。

    元彼に直接会って別れ話をする


    別れ話をLINEやメール、電話で済ませるのはやめましょう。最後くらいは会いたい、荷物のやり取りがしたいなどの口実で、会おうとされる可能性があります。

    言われる前に会っておけば、「もう二度と会うことはありません」と言い切って逃げられます。また、会わずに別れを告げることで、元彼に対して無礼な印象を与えてしまいます。

    逆ギレされるとあとが長引いてしまい、ストーカー行為をされる原因にもなりえますので、別れ話は直接会って話すのがベターです。

    元彼の友達に付き添ってもらい別れる


    元彼の友人に付き添ってもらい別れるのも1つの手です。2人が確かに別れたという証人がいるのは大きなアドバンテージ。

    今後、ストーカーをされたり何か問題が起きた場合に証人がいるのは心強いですし、その他の人に助けを求めることもできます。

    なによりも、ストーカー気質のある人間と2人きりで別れ話をするのは危険です。第三者がいることで、安全に別れ話を終えられますよ。