元彼がストーカー化しない上手な別れ方とは?破局後の対策&対処法

  • ストーカー化しやすい元彼の特徴

    どんな元彼にも、それぞれの性格や考え方の癖、依存や執着心などがあります。その中で、特にストーカー化しやすいような元彼の特徴を沢山集めてみました。

    ストーカー化しやすい元彼には、ある程度の共通する特徴があります。お付き合いをしている最中に違和感を感じたら、しっかりと見極めましょう。

    人間の直観力は侮れません。あなたが気づいていなくても、体が「この男性は危険だよ」と危険信号を発信してくれることもあります。

    お付き合いする人を上手に選ぶためにも、この特徴は押さえておきましょうね。

    嫉妬や束縛が激しい


    ストーカー化しやすい元彼の特徴として、まずは嫉妬や束縛の激しさに注目しましょう。嫉妬や束縛が激しい人は、執着心が強く、あなたを自分の所有物のように考えていることが多いです。

    元彼の中には「自分の所有物なのだから、自分の思い通りに行動してほしい」という気持ちが湧き起こっています。元彼があなたと別れたくないと思っていた場合は「別れるなんて許さない」という思考が生まれます。

    恐ろしいですが、元彼に悪気はないんですよ。元彼の思い通りに動かず別れようとするあなたの方が悪人だ、という気持ちを持つことさえあります。

    付き合っているときから、異常に嫉妬や束縛が激しい場合は気を付けておいたほうがいいですよ。

    連絡の頻度が高い


    恋人であれば毎日連絡するのが当たり前、もしくは恋人であろうと毎日連絡しなくてもいい。こういう価値観はひとりひとり違いますので、付き合い始めに連絡頻度について相談しますよね。

    そんなときに、毎日連絡するか1日に何回以上のやり取りをするなどを決めるのはいいのですが、その連絡頻度が高かった元彼は、ストーカー化しやすい傾向にあります。

    さらに、連絡頻度をあらかじめ決めていたのに、その約束以上に高頻度で連絡をしてきた覚えなどはありませんか?

    連絡頻度が高いということは、それだけあなたのことを考えている時間も長いということ。元彼からすれば、別れてすぐに切り替えるのは難しいでしょう。

    「彼氏(彼女)だから」が口癖


    事あるごとに「俺は彼氏だからこれくらい当然だ」などと言っていた元彼はいませんでしたか?

    彼氏や彼女だからと、何かを強制したり価値観を押し付けてくる元彼には、ストーカー化の可能性があります。恋人は自分の思い通りにならないと気が済まないのです。

    「彼女が俺から離れるなんておかしい。彼女は俺の近くにいるべきだろう」という思いから、必要以上にあなたを追いかけてくるかもしれませんよ。

    別れるときはキッパリと「二度と関わらないでください。何かあれば警察に通報します」くらいは言っておきましょう。

    元彼から強くアタックされて付き合っていた


    元彼と付き合うきっかけが、元彼からの強いアタックであった場合も注意が必要。

    アタックの段階で、待ち伏せやストーカーに近い行為をされていた記憶はありませんか?それこそが、ストーカー化する可能性の一端です。

    「正直、自分がここまで好かれる理由がわからないんだけどな……」と一度でも感じたことがある場合、原因は元彼があなたに強く執着しているから。

    好きや愛情とは違い、執着や依存という感情であなたに関わりたくて仕方がないんです。元彼は感情を抑えられず、理性を無くしてストーカー行為をしてしまうんです。

    あなたの友達と必要以上に会いたがる


    あなたの友達と、必要以上に会いたがる元彼。「そんなに会って何がしたいの?」と思いませんか?

    こういう元彼は、あなたの友人や知人などの周りから固めていって、あなたが自分から離れられないように、手をまわしたいと考えています。

    2人の関係で何か問題があれば、あなたの友達に相談。友達があなたに「こうしたほうがいいんじゃない?彼悩んでたよ」などと言うように仕向けてくるんです。

    まるで、あなたが悪いことをしているかのように錯覚をさせる。一種の洗脳に近い行為ともいえます。

    行為がエスカレートすれば、ストーカー化する可能性は十分にあります。